FC2ブログ

京都<葵祭>初夏彩る王朝絵巻にうっとり (上賀茂神社 と 下鴨神社)

京都<葵祭>初夏彩る王朝絵巻にうっとり   (上賀茂神社 と 下鴨神社)

京都 上賀茂 葵祭


京都三大祭りの一つ、葵(あおい)祭が15日、京都市内で開かれた。初夏の青空の下、色とりどりの平安装束に身を包んだ約500人が都大路を練り歩き、観光客ら約8万人(京都府警発表)が華やかな王朝絵巻を楽しんだ。

 世界遺産の下鴨神社(同市左京区)と上賀茂神社(同市北区)の例祭。五穀豊穣(ほうじょう)などを祈り、約1400年前に始まったとされる。

 午前10時半過ぎ、藤の花で飾られた牛車や、祭りのシンボル「フタバアオイ」の葉を頭につけた人たちの約1キロに及ぶ行列が京都御所(同市上京区)を出発。両神社を巡る約8キロの行程をゆっくりと進んだ。

 祭りのヒロイン、斎王代(さいおうだい)を務めた会社員、西村和香さん(26)=同市山科区=は、十二ひとえ姿で、「腰輿(およよ)」と呼ばれるこしに乗って登場。沿道の人たちが歓声を上げながらカメラを向けていた。
/////
京都 葵祭

京都三大祭の一つ葵祭が行われ、平安装束を身にまとった優雅な行列が京都市内を練り歩きました。

葵祭は、装束や牛車などを葵の葉で飾るのが特徴で祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つです。午前10時、500人の行列が京都御所を出発しました。祭りのヒロインである斎王代を務める会社員・西村和香さん(26)は、十二単に身を包み、腰輿と呼ばれる神輿に乗って上賀茂神社までの8キロの道のりを進みます。京都の街は、王朝絵巻さながらの華やかな雰囲気に包まれました。

/////
葵祭、新緑の王朝絵巻典雅 京都


京都三大祭りのトップを飾る葵祭が15日、新緑に包まれた京都市内で行われた。平安王朝の装束を再現する典雅な行列が、冠や衣装に挿したフタバアオイの葉を揺らして約8キロをしずしずと進んだ。日曜日の開催は5年ぶり。沿道では昨年より1万5千人多い8万人(府警調べ)が華麗な王朝絵巻に見入った。

 午前10時半ごろ、総勢約500人、牛馬40頭、長さ約800メートルの行列が、上京区の京都御所を出発した。

 本列は、銀面の馬に乗った束帯姿の近衛使(このえづかい)代を中心に、神に供える御幣(ごへい)物を運んだ。今年で創設60年となる斎王代の列が続き、第61代斎王代の西村和香(わか)さん(26)は十二単(ひとえ)姿で檜扇(ひおうぎ)を手に腰輿(およよ)に乗り、小袿(こうちぎ)の命婦(みょうぶ)や馬に乗った騎女(むなのりおんな)らを従えて優雅に進んだ。御所車とも呼ばれる牛車(ぎっしゃ)は車輪をきしませ、紅色の水干を着た愛らしい牛童(うしわらわ)が綱を引いた。

 行列は、下鴨神社(左京区)を経て、上賀茂神社(北区)に向かい、それぞれで行われた「社頭の儀」で神前に御幣物が供えられた。人垣ができた糺の森や加茂街道では、まぶしい新緑に華やかな装束が引き立った。

 葵祭は下鴨・上賀茂両神社の例祭。正式には賀茂祭といい、起源は6世紀までさかのぼる。「源氏物語」や「徒然草」にも登場する。

/////
愛之助さん、「社頭の儀」に 紀香さんの姿も

下鴨神社で営まれた「社頭の儀」では、歌舞伎俳優片岡愛之助さん(44)が参列者代表として参拝した。「京都は初舞台を踏んだ思い出深い地。糺の森も好きな場所です。大役を務めさせていただき、ありがたかった」と実感を込めた。

 境内には3月に結婚した妻の藤原紀香さん(44)の姿もあり、2014年に参列した紀香さんからは「特にアドバイスはなかったです」と笑いを誘った。

 舞殿前では深々と一礼。熊本地震に触れ、「みなさんが平和で安全であることや、歌舞伎界の発展など、いろいろお願いしました」と話した。


/////
斎王代、西村さん「憧れ」優雅に 母、叔母2人に続く大役 

平安装束に薫風を受け、きらびやかな王朝行列が都大路をゆっくりと行く?。好天に恵まれた15日、京都市内で行われた葵祭では、腰輿(およよ)に乗る十二単(ひとえ)の斎王代が新緑の加茂街道を優雅に進むと、沿道は華やかな雰囲気に包まれた。

 「沿道でたくさんの人を見て京都の祭りとあらためて実感した。斎王代を務めることができて光栄です。満足した日でした」

 第61代斎王代を務めた京漆器の老舗「象彦」の社員西村和香(わか)さん(26)=京都市山科区=は、上賀茂神社での神事を終えてほっとした表情を見せた。

 西村家は和香さんの母、和美さん(53)と叔母の次田和紗さん(52)、岸本和納(かずな)さん(48)は3姉妹で、全員が斎王代を務めてきた“斎王代一家”だ。幼い頃から母や叔母の写真や記事を見て育った和香さんにとって、斎王代は身近な存在。「憧れがあった」と言う。

 腰輿に乗り込む和香さんの姿を、父の毅さん(55)と夫婦で見つめた和美さんは「昔を思い出し、自分の時よりも緊張しました」と感慨深げに話し、2人の叔母も「斎王代らしい所作とたたずまいを」とアドバイスし、京都御所から送り出した。

 和香さんは、江戸時代からの歴史がある象彦では広報部門を受け持つ。大役を前に葵祭の歴史を勉強し直し、京都の奥深さにさらに魅了された。伝統ある葵祭の斎王代に名を刻み、「文化的な京都らしさを仕事の面でも生かしていきたい」とまっすぐ前を見据える。
//////
都大路進むヒロイン、8万人が見守る 京都・葵祭

京都三大祭りの一つ「葵祭(あおいまつり)」が15日、京都市内で開かれた。下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願って約1400年前から続くとされる。約8万人の観客が見守るなか、総勢500人の行列が都大路を進んだ。ヒロインの斎王代、西村和香さん(26)は十二単(じゅうにひとえ)姿で「腰輿(およよ)」と呼ばれる輿(こし)に乗り、京都御所から下鴨神社を経由して上賀茂神社までの8キロを約5時間かけて進んだ。

//////
京都 光秀築いた福知山城、人気が急回復 アイドルのおかげ?
//////
<葵祭>好天(その1) 都大路、優雅に大行列 /京都

緑輝く都大路を舞台に繰り広げられた15日の葵祭。好天に恵まれ、日曜開催ということもあって、昨年を約1万5000人上回る約8万人(府警調べ)が、みやびやかな平安絵巻を楽しんだ。

 下鴨神社(京都市左京区)と上賀茂神社(北区)での「社頭の儀」では、勅使(ちょくし)が神前で紅の紙に記された御祭文(ごさいもん)を奏上し、神職が祝詞を返した。雅楽が流れる中、舞人たちが舞を奉納した。

 この日の京都市の最高気温は28・2度と、夏を思わせる陽気。市消防局によると、体調不良などで見物客ら3人が救急搬送された。

 ◇参列5回目で初 一人役に「新鮮」 内侍・吉田紗代子さん

 上級の女官「内侍(ないし)」役を務めたのは西京区の会社員、吉田紗代子さん(23)。2001年に小学3年で「童女」役を務めて以来、今回で通算5回目の参列という。「内侍は列中で一人しかいないお役目。初めての一人役で、これまでとは違った新鮮な気持ちです」と気を引き締めつつ、笑顔で話した。

 付き添った母祐喜子さん(53)も「女嬬(にょじゅ)」役などで過去3回参列。「一人役で衣装もこれまでになく華やか。気温が高いので暑くて心配だが、大役を最後まで務めあげて」と励ましの声をかけた。

 ◇おじいちゃんとハニカミ初参加 童女・岡田麻友さん

 今回「童女」役で初めて参列する北区の小学3年、岡田麻友さん(8)。祖父で上賀茂神社前の老舗京漬物店「すぐきや六郎兵衛」社長、岡田孝司さん(65)も「衛士」として一緒に参列した。「おじいちゃんと参加できてうれしい」と恥ずかしそうな笑顔で話した。

 孝司さんは同神社の神事「烏相撲」に30年近く携わり、葵祭にもここ10年ほど毎年参列している。「去年は別の孫と参列したが今回は麻友が『葵祭に出たい』といったので、一緒に祭りに参加できた」といとおしそうに孫娘を見ながら話した。

/////
<葵祭>好天(その2) 晴れ姿、8万人を魅了 /京都

 ◇大役終え笑顔 斎王代・西村和香さん

 「すごく天気に恵まれ、さわやかな中でお務めできることをうれしく思います」。祭りのヒロイン、第61代斎王代を務めた会社員の西村和香さん(26)=京都市山科区=はにこやかな表情で「腰輿(およよ)」に乗り込んだ。

 朝は5時に起床。事前に着た十二ひとえがずっしりと感じられたため、重さに耐えられるよう、この日のために腕立て伏せなど筋肉トレーニングを積んできた。

 母和美さん(53)も1980年の第25代斎王代で、母娘2代は5組目。出発前、和美さんは「自分の時を思い出しましたが、その時以上に緊張しています」と語った。叔母2人も斎王代を務めており「体調に気を付けてしっかり臨むように」と声を掛けていた。

 今年は日曜開催で、例年以上に沿道は見物客であふれた。「初めて見る方もいると思うので、平安装束など京都らしさを味わってもらえれば。リラックスして臨みたい」と話し、大役を務めあげた。

 ◇夫婦で「社頭の儀」 愛之助さん、紀香さん

 下鴨神社で行われた「社頭の儀」では、参列者を代表して歌舞伎俳優の片岡愛之助さんが参拝。「熊本震災もあり、皆が平和で安全であることや、歌舞伎界のことなど、いろいろお願いしました」と話した。

 2年前に代表参拝した妻で女優の藤原紀香さんも参列し、参拝前に「夫婦で務めさせていただけるとはご縁がある」などと話したという。片岡さんは参拝後、「非常に緊張しましたが、あっという間に終わりました。すごいパワーをもらったようです」と感想を述べた。



//////
スポンサーサイト



”王朝絵巻“華やかに 15日葵祭 京都三大祭

”王朝絵巻“華やかに 15日葵祭 京都三大祭

京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市内で行われる。今年は5年ぶりに日曜日に開催。近衛使代や斎王代を中心とした約500人の行列が、京都御所(上京区)を出発し、下鴨神社(左京区)を経て、上賀茂神社(北区)までの計約8キロを歩く。雨天の場合は16日に順延、同日も雨なら中止となる。

 路上を進む行列は「路頭の儀」と呼ばれる。午前10時半に京都御所建礼門前を出て丸太町通、河原町通を進み、先頭は午前11時40分ごろに下鴨神社に到着。神社での儀式「社頭の儀」を終え、午後2時20分ごろに同神社を出発し、下鴨本通から北大路通、加茂街道を経て、午後3時半ごろに上賀茂神社に到着、「社頭の儀」が行われる。

 実施するかどうかは15・16両日とも午前6時から、京都新聞のホームページや、京都市観光協会のホームページとフェイスブック、同協会TEL075(213)1717で案内する。

■市内で交通規制

 葵祭の巡行に伴い、京都府警は15日、京都市内各地で臨時の交通規制を行う=図参照。規制は午前10時40分からで、巡行の通過に合わせて順次、実施する。

 車両が通行禁止になるのは、午前が丸太町通や下鴨本通りなどの21区間、午後は下鴨本通や加茂街道などの12区間。一方通行や駐停車禁止の区間もある。

 規制の詳細は府警のホームページで見られる。

京都 上賀茂 周辺 葵祭 交通規制
//////
坂本龍馬最期の刀、実物と判明

 坂本龍馬が1867年に暗殺された際に持っていたと伝わる京都国立博物館(京都市)所蔵の刀「吉行」が、資料や同博物館の最新鋭機器による科学的な調査で実物と判明したことが、11日までに分かった。

 京都の近江屋で龍馬が襲われた際、応戦した刀。北海道在住の坂本家の子孫が同博物館に寄贈したが、刃体に浮かぶ文様である刃文に刀工の特徴がなく、反りもなく真っすぐであったことなどから、本物かどうか疑問視する声もあった。

 昨年、高知県立坂本龍馬記念館(高知市)で「吉行」を寄贈した際の書類から、刀が火事で焼けて変形し反りがなくなり、刃を研ぎ直したとの記述が見つかった。

/////
「龍馬の遺品」の刀、暗殺時の実物と判明 京都国立博

幕末の志士、坂本龍馬(1836-67)の遺品と伝わる京都国立博物館(京都市東山区)所蔵の刀が、京都・近江屋で龍馬が暗殺された際に携えていた愛刀「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」の実物と判明した。同館が発表した。

 刀は龍馬の子孫が1931年に同館に寄贈したが、刀身の反りが小さく、刃文(はもん)も「吉行」の作風と異なることなどから懐疑的な見方もあった。しかし昨年、寄贈時に書かれた書類が高知県立坂本龍馬記念館の調査で見つかり、1913年に北海道釧路市の子孫方で火災に遭った際に変形し、研ぎ直された経緯が判明。暗殺時の刀傷が残ったはずの鞘(さや)は火災で焼けたという。

 さらに京都国立博物館が、研ぎ直しで見えにくくなっていた刃文を最新機器で確認。同館の宮川禎一・学芸部上席研究員は「記録と科学調査から実物とみて間違いない」と話した。

 刀は同館(10月15日-11月27日)や東京都の江戸東京博物館(来年4月29日-6月18日)など全国4カ所を巡る特別展で展示される。

//////
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード