FC2ブログ

秋深まる、京都(関西)の名所 紅葉色づき1週間ほど早く

秋深まる、京都(関西)の名所 紅葉色づき1週間ほど早く



晩秋を迎えた京都。紅葉の色づきは昨年より1週間ほど早く、京都市内では見頃を迎えた名所も多い。21日からの3連休は、昼間は燃えるような、夜はライトアップで幻想的な紅葉を楽しめそうだ。四つの名所を訪ねた。

 京都・西山の中腹にある善峯寺(西京区)は、錦秋に染まる。掃部(かもん)光昭住職によると、10万平方メートルの広大な境内を彩る紅葉は、作庭家・七代目小川治兵衛が植えた。

 山門をくぐり、西国三十三所第20番札所の観音堂を経て薬師堂に上がる途中、京都の市街地を見下ろしながら、堂宇の甍(いらか)の合間に映える赤や黄色の紅葉をめでる。見頃は12月初めまでという。

 醍醐寺(伏見区)では夜間、ライトアップされた境内を楽しめる。約360本のモミジが植わる「林泉」一帯が照らされ、池の水面に揺らめく赤や黄の彩りが趣を添える。近くの観音堂では、30日までの夜間拝観期間中、特別法要があり、僧侶の読経が響く中、紅葉を鑑賞できる。今月末まで見時という。

 今年は、金堂前の参道の両端に「光る石」が初めて敷かれた。日中に蓄えた光を夜間に放つ特殊な磁器を使い、「星の上を歩いているような趣向」を演出した。会社員増田裕子さん(26)=左京区=は「宙を浮いているような不思議な感覚」と喜んでいた。

 北野天満宮(上京区)は、史跡の御土居がある「もみじ苑」を公開中で、日没後にはライトアップもある。

 約250本を約420基の照明で照らす。豊臣秀吉が築いた御土居の上から見渡す眺めと、下から見上げる景色の二つの風情が楽しめる。五分の色づきで、来場者は、紙屋川のせせらぎを聞きながら夜の紅葉狩りを満喫している。天満宮は「今年は御土居の上から本殿が見られるようにコースを変えた。例年と違った風景も見てほしい」とする。もみじ苑は12月6日まで。

 「黒谷さん」と親しまれる金戒光明寺(左京区)の夜間拝観は、巨大な山門や、日ごろは非公開の回遊式庭園を彩るモミジを宵闇に照らし出している。

 庭園には100本余りのモミジが植わる。日が暮れると池の水面に漆黒の夜空と光を浴びた赤い葉が映り、水中で木が生えているようにも見えるという。色づきは七分ほどで、訪れた人は自然に満ちた庭園を巡り、間近で秋の美を満喫していた。同寺は「幻想的な雰囲気を味わってほしい」とする。夜間拝観は11月29日まで。
/////
ライトアップで彩る、関西の紅葉・2015




今年も山が色づき、紅葉の美しい時期になりました。関西の名所の中でも、夜間のライトアップを行っている紅葉スポットをピックアップ。今週末から始まるところも多く、日中の紅葉狩りとは一味違った、幻想的で神秘的な空間を味わってみて。

車窓に広がる“もみじのトンネル”
■貴船もみじ灯篭(京都・左京区)
期間:11/7(土)〜29(日)・日没〜21:00頃
料金:無料(別途運賃)

木々の紅葉と青い光のグラデーション
■青蓮院門跡(京都・東山区)
期間:10/30(金)〜12/6(日)
18:00〜21:30(受付〜21:00)
拝観料=大人800円、小中高生400円

清水の舞台、眼下に広がる紅葉の海
■清水寺(京都・東山区)
期間:11/14(土)〜12/6(日)・18:00〜21:00
拝観料=大人400円、小中学生200円
成就院庭園(11/18〜)=大人600円、小中学生300円

まるで絵画のような朱が映える境内
■高台寺(京都・東山区)
期間:10/23(金)〜12/23(祝・水)・日没〜21:30
拝観料(高台寺掌美術館含む)=大人600円、中高生250円

境内が幻想的に色づく「勝運の寺」
■勝尾寺(大阪・箕面市)
期間:11/1(日)〜29(日)の土日祝・日没〜19:30
拝観料=大人400円、小中学生300円

光と音で彩られる奥河内の国宝
■檜尾山観心寺(大阪・河内長野市)
『奥河内の灯里』:11/21(土)・22(日)・17:00〜20:30
入山料=大人300円、小中学生100円

晩秋風情豊かなもみじのトンネル
■神戸市立須磨離宮公園(兵庫・神戸市)
期間:11/14(土)〜29(日)・17:00〜19:00
料金:大人400円、小中学生200円

暗闇に浮かび上がる紅葉の曼荼羅
■鷲林寺(兵庫・西宮市)
期間:11月中旬〜下旬
料金:無料

紅葉する木々が水面に映す美しい姿
■彦根城 玄宮園(滋賀・彦根市)
期間:11/14(金)〜29(日)・18:00〜21:00(受付〜20:30) ※14、27、29日はひこにゃん登場(〜18:30)
料金:大人500円、小中学生200円

もみじロードが灯りに浮かぶ山王さん
■日吉大社(滋賀・大津市)
期間:11/14(土)〜29(日)・17:00〜20:30
※土日祝のみ全域ライトアップ
料金:大人500円、小学生250円

約3万本の赤い桜モミジを照らしだす
■吉野山(奈良・吉野郡)
期間:11/8(土)〜30(日)
料金:無料

カエデと艶やかな社殿の朱色との競演
■談山神社(奈良・桜井市)
期間:11/14(土)〜29(日)・日没〜20:00
拝観料=大人500円、小学生250円

詳細は各公式サイトにて確認を

/////
<紅葉>ライトアップ増える京都の寺社 観光客年々増加



行楽シーズンを迎えている京都市で、夜間にライトアップされた紅葉などを満喫できる寺社などが増えている。今年は新たに京福電鉄が、ケーブル八瀬駅の隣接地を「八瀬もみじの小径」として加えた。市観光協会によると、夜間拝観やライトアップをする寺社などは約30カ所。名刹(めいさつ)の境内や鉄道沿線などで幻想的な光に照らされる紅葉は、秋の古都の風物詩となりつつある

 市観光協会などによると、京都市内の寺社などのライトアップと夜間拝観は約20年前に始まったとされる。公式的な記録はなく、毎日新聞の紙面では1993年秋の清水寺(東山区)、永観堂(左京区)のライトアップと夜間特別拝観が最初に登場する。その後、東山区の高台寺や青蓮院などが続いた。寺社の所蔵する文化財の特別公開と合わせ、照明を当てた庭園を公開する手法が定着している。

 梅林で有名な北野天満宮(上京区)。2007年に樹齢約400年の三叉の紅葉がある境内の史跡「御土居」一帯を「もみじ苑」として整備。翌年からライトアップして夜間拝観を開始した。「天神さんと言えば梅。当初は地元住民でさえ紅葉のことは知らなかった。紅葉の穴場から見どころへと、ようやく最近は認知されるようになってきた」と天満宮側は話す。今年は御土居の上から紅葉や社殿を見渡せるよう遊歩道を拡大した。

 紅葉のライトアップは秋の京都観光をけん引している。旅行客が使う金の単価を上げるためにも、宿泊者の増加が観光都市京都の課題だった。夜間拝観は観光客の滞在を促す要因のひとつになっている。市産業観光局観光MICE推進室によると、ライトアップと夜間拝観当初の1995年の観光客数は3530万人。年々増加傾向にあり昨年は5564万人と右肩上がりだ。

 須貝雅幸・観光誘客誘致課長は「多くの寺社が夜間拝観で京都の夜の観光の魅力を発信し続けている。その流れが現在取り組む閑散期対策につながっている」と京都全体の観光振興への効果を語る。


/////
幻想的な秋の絶景!京都の“紅葉ライトアップ”7選
/////
こんな情報も?
平野部で紅葉進まぬ異常事態、イベント延長も

晩秋になっても、東日本と西日本の平野部では、紅葉が進まない異常事態が続いている。

 11月上旬の平均気温が、平年より1度以上高く晴天も少なかったためだ。専門家は温暖化の影響を指摘しており、青々と茂るカエデを前に、紅葉の名所ではイベントの時期を変更する動きも出ている。

 「ライトアップの延長も考えなければならない」

 高幡不動(東京都日野市)の佐藤芳典ほうてん・総務課長(48)は話す。境内のモミジ約1300本を、「もみじまつり」期間中の18~30日に夜間ライトアップするが、部分的にしか色づいていないため、12月以降の継続を検討している。関東で紅葉前線が最後に訪れる三渓園(横浜市中区)も自慢のカエデは青葉のまま。同園は遊歩道の一般公開の期間延長も検討している。

/////
スポンサーサイト



<賀茂禰宜神主系図>あす初公開 学術的にも貴重な史料 上賀茂神社 /京都

<賀茂禰宜神主系図>あす初公開 学術的にも貴重な史料 上賀茂神社 /京都

21年ぶりの式年遷宮を迎えた上賀茂神社(京都市北区)で15日、国の重要文化財「賀茂禰宜(ねぎ)神主系図」(賀茂県主(あがたぬし)同族会所蔵)が公開される。第42回式年遷宮に合わせた特別展示で一般公開は初めて。千年にわたり上賀茂神社の代々祭祀(さいし)をつかさどってきた神職らの系譜から、悠久の歴史に触れられる。

 賀茂禰宜神主系図は、上賀茂神社の社家に伝えられてきた賀茂神社の禰宜、神主の系統的な大系図群。825(天長2)年から1868(明治元)年までの神職の系図にとどまらず、朝廷の官位、当時の事件や事故まで記されており学術的にも貴重な史料とされる。これまでは年に1回、風通しのために蔵から出すだけで、関係者しか見学できなかった。

 今回は全16巻のうち、鎌倉時代からの記載が残る「古系図」や十六流の一つの系図「保」などの巻物を公開する。賀茂県主同族会では「一日限りだがこの機会に興味のある方にご覧いただきたい」と話している。

 上賀茂神社客殿。午前10時-午後3時(天候により短縮あり)。入場無料。問い合わせは賀茂県主同族会(075・781・0011)。
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード