FC2ブログ

幻想的な秋の絶景!京都の“紅葉ライトアップ”7選

幻想的な秋の絶景!京都の“紅葉ライトアップ”7選


紅葉2015予想!京都清水寺の見ごろは?.




秋の京都 ニュース

京都 秋 (最新 最近)ニュース
Powered by RSSリスティング


京都 紅葉 (最新 最近)ニュース
Powered by RSSリスティング


京都 紅葉 Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

京都 もみじ Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

京都 カエデ Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

カエデやイチョウが鮮やかに色づく、紅葉シーズンがまもなく到来!全国各地に名所は数あれど、やはり外せないのが京都の紅葉。なかでもおすすめなのは、昼間とは異なる幻想的な景色を堪能できる、夜のライトアップだ。風情ある日本庭園や池、橋など京都ならではの風景と、美しい紅葉が織り成す注目スポットを紹介しよう。

■ 清水寺

清水の舞台や三重塔、放生池などの周囲に広がる約1000本のヤマモミジが、1500基以上の照明で照らされる。観音様の慈悲の心を届ける「観音慈悲光」が放たれ、紅葉谷から錦雲渓までの全山を彩る紅葉の見事さは、まさに観音様の普陀落浄土を思わせる美しさだ。

11月18日(水)から12月6日(日)まで期間限定で公開される、成就院庭園も見ごたえ十分!夜間参拝に合わせた特別公開では、鮮やかな約50本のカエデがライトアップされ、苔の緑とのコントラストを楽しめる。

※ライトアップは11月14日(土)から12月6日(日)まで、18:00〜21:00(最終受付)、料金400円

■ 高台寺

豊臣秀吉と“ねね”の寺として有名。他とはひと味違った演出が人気で、方丈前庭「波心庭」に映し出される光のアートは必見だ。その他にも、鏡のような水面に紅葉が映り込む臥龍池や、神秘的な光に満ちた竹林など見どころ満載!

また、高台寺の塔頭寺院では、約100本のカエデと巨岩が配置された北庭と、枯山水の南庭をライトアップする。書院の中からのんびりと、真っ赤に色付いたカエデを眺められるのも魅力的。

※ライトアップは10月23日(金)から12月13日(日)まで、17:00〜22:00(最終〜21:30)、料金600円

■ 総本山 知恩院

宮崎友禅ゆかりの庭園、友禅苑をライトアップ。阿弥陀如来坐像を祀る阿弥陀堂や、紅葉の名勝である黒門も光に包まれる。勇壮な黒門と石垣を彩る紅葉は、時間をかけてゆっくりと鑑賞したい。

※ライトアップは11月6日(金)から12月5日(土)まで、17:30〜21:00(受付)、料金800円

■ 総本山 永観堂 禅林寺

古くから紅葉の名所として知られている。なかでも、水面にカエデやイチョウが映り込む光景を眺められる放生池や、風情豊かな石畳の道は見逃せない。混雑を避けたいならば、客が徐々に減り始める、受付終了の30分前ぐらいが狙い目だ。

※ライトアップは11月6日(金)から12月3日(木)まで、17:30〜21:00(最終受付20:30)、料金600円

■ 北野天満宮

「北野の天神さん」の愛称で親しまれる、全国の天満宮の総本社。ライトアップされた約250本のモミジや、朱色の橋が夜空に浮かび上がる「もみじ苑」が一押しだ。樹齢350年から400年のモミジが数本あるので、こちらもお見逃しなく!

※ライトアップは11月14日(土)から12月6日(日)まで、日没〜20:00、料金700円(茶菓子付き)

■ 南禅寺 天授庵

南禅寺の塔頭の1つ。枯山水の本堂東庭と、池泉回遊式の書院南庭の2つがライトアップされる。書院や本堂の堂内から紅葉が見られるのもうれしい。開門と同時に混雑するので、受付終了の20時30分ごろに行けば、ゆったりと腰を下ろして鑑賞できる可能性が高い。

※ライトアップは11月15日(日)から30日(月)まで、17:30〜20:45(最終受付)、料金500円

■ 将軍塚青龍殿

標高約220mから京都の町並みが一望できる景勝地。約3000坪の広大な庭園は、息を飲むほど美しい。西側の展望台や外部護摩壇と呼ばれる舞台から、ライトアップされた紅葉と古都の景色を眺めよう。

※ライトアップは10月30日(金)から12月6日(日)まで、17:00〜21:30(最終受付21:00)、料金500円

/////
色づくモミジ、海老蔵さん舞う 京都・北野天満宮

京都市上京区の北野天満宮で25日、もみじ苑の公開が始まった。訪れた人たちはほんのり色づき始めたモミジをめでながら、秋の深まりを感じていた。人気歌舞伎役者の市川海老蔵さんによる舞も上演された。

 もみじ苑は境内西側の豊臣秀吉が築かせた御土居に沿って設けられ、モミジ約250本が植えられている。今年は修復工事が終わった御土居の北側部分を初めて公開。境内を見晴らせる展望所も新たに設けた。

 午前10時の開苑とともに参拝客が足を運び、晩秋の趣を増す苑内をそぞろ歩いた。岡山市から来た綾部ハルナさん(25)は「紅葉には少し早いけど、とても雰囲気がある」と話した。

 また、祭神菅原道真の邸宅にちなんだ建物「紅梅殿」の移築完了を記念したこけら落としもあり、海老蔵さんが十八番の演目「勧進帳」の一部である「延年の舞」を素踊りで奉納した。舞台いっぱいを使って迫力あふれる舞を披露し、観客からは「成田屋」の掛け声が上がった。

 もみじ苑の公開は12月6日まで。入苑料は茶菓子付きで700円。11月14日からは夜間のライトアップも行われる。

/////
京都 もみじ(画像) Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

京都 カエデ(画像) Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

京都 紅葉(画像) Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

/////
京都 Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

京都(画像) Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報
/////

京都のニュース(最近・最新)  いろいろ メモメモ
/////


関西が人気! 秋の連休に行きたいところランキング
/////
表の確認! ニュースの確認!
<TPP大筋合意>からTPPの最新ニュースまで
/////

京都 もみじ (最新 最近)ニュース
Powered by RSSリスティング


京都 カエデ (最新 最近)ニュース
Powered by RSSリスティング


京都 ハロウィン (最新 最近)ニュース
Powered by RSSリスティング






京都駅 ハロインライトアップ 追加

渋谷のハロウィン

今年こそ仮装で参加しよう♪関西ハロウィーンイベント9選
スポンサーサイト



式年遷宮の上賀茂神社で 宮本亜門さん、奉納劇「降臨」  BSで放送予定 11月8日(日)

式年遷宮の上賀茂神社で 宮本亜門さん、奉納劇「降臨」 BSで放送予定 11月8日(日)

上賀茂神社(京都市北区)の式年遷宮を記念して23~25日、舞台演出家の宮本亜門が手掛けた奉納劇「降臨」が上演される。境内の特設舞台で、神社の由来にまつわる故事を基に、語りと音楽、踊り、映像が織りなす神話の世界を展開させる。宮本は「八百万の神を感じ、心に持って帰ってもらえる舞台に」と意気込む。

 「山城国風土記」にある同神社の祭神・賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)の誕生を描いた神話が下敷き。賀茂玉依比売命(たまよりひめのみこと)が神の導きで子を宿し、母となり、やがて神になるわが子を見守る慈愛の物語を、独自の解釈を交えて描く。

 女優の小雪が語りでストーリーを紡ぐなか、日本舞踊の尾上紫、藤間信乃輔、俳優の団時朗が玉依比売命とその家族を演じる。細殿や舞殿などを舞台に使いながら、プロジェクションマッピングなど、先端の映像表現も融合させる。「宵闇の境内で神社の発祥の物語ができるぜいたく。“神の降臨”の瞬間を見てもらえると思う」

 宮本と上賀茂神社の縁は2004年、米国ニューヨークでの出来事がきっかけだった。東洋人の演出家として初のオンブロードウェー公演を控えて、米国人キャストのけがや装置のトラブルが続いた。そのとき、偶然現地に滞在していた同神社の神職と知り合い、日本での演劇公演と同様に、舞台上でおはらいをしてもらった。

 「一神教とは違う、神道のおおらかな世界を説明すると、みんな感銘を受けたようだった」。混乱していたチームの心が神事の静寂の中で一つになった。「神道は宗教以前の自然崇拝と結びついた、根源的なもの」と宮本。価値観が衝突し合う時代だからこそ「そこに生きるヒントがあるのでは」と説く。

 記念公演は、神社側から依頼があった。断るつもりで現地に足を運ぶと、境内に満ちる清浄な「気」に魅了された。「既存のミュージカルやコンサートではない、この遷宮の時にしか感じられない作品が最もぜいたく」と想を練った。「喜びと緊張を感じている。神社からは『中身はお任せします』と。これが一番怖い」と笑う。

 奉納劇には、プロの俳優や舞踊家とともに、京都造形芸術大の学生ら18人が群舞の場面に登場する。指導で大学を訪れた宮本は、あふれるエネルギーで若者たちを巻き込みつつ、論理的な指摘で瞬く間に舞台の一場面を形作っていった。「式年遷宮には、(建築技術の継承など)人を育てる側面がある。舞台に参加することで、自分たちの未来を見つめる機会にしてほしい」と目を細める。

  ◇

 各日午後5時開演で、24日のみ午後7時半開演の公演もある。6800円。雨天決行。キョードーインフォメーションTEL0570(200)888。



//////
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード