FC2ブログ

京都 上賀茂神社 感染拡大の終息祈る(国内感染者999人) /さよなら「ジュンク堂京都店」 / 新型ウイルス検査 地域で偏り/ PCR検査拒否の真相!?

京都 上賀茂神社 感染拡大の終息祈る /さよなら「ジュンク堂京都店」 / 新型ウイルス検査 地域で偏り/ PCR検査拒否の真相!?
現場医師の訴え!


 桃の節句の3日、京都の世界遺産・上賀茂神社で、無病息災を祈る恒例の神事が行われ、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて終息を祈願しました。

京都市北区の上賀茂神社で「桃花神事(とうかじんじ)」は、毎年、3月3日の桃の節句に疫病や災いをはらって無病息災を願う神事です。
病気から身を守るとされる桃の花やこぶしの花、そして草餅を神前に供えて宮司が祝詞をあげ、新型コロナウイルスの感染拡大が終息するよう祈願しました。
そして、境内の小川に紙で作られたひな人形を流して「流し雛(びな)」が行われ、訪れた人たちはことし1年の健康を願って人形がゆったりと流れていく様子を見送っていました。
仙台市の20代の女性は「新型コロナウイルスが早く収まってほしいという気持ちがいちばんです。電車に乗るときには手すりにつかまるので手洗いは必ずしています」と話していました。

/////
さよなら「ジュンク堂京都店」 ファンら見守る中、32年の歴史に幕


( 大好きな書店の一つでした。本当に、ありがとう!)

////
京都 さよなら「ジュンク堂京都店」 ファンら見守る中、32年の歴史に幕

「ジュンク堂書店 京都店」(京都市下京区)の最終営業日の2月29日、多くの人が詰めかけた。


 同店は1988(昭和63)年に開業。創業の地である兵庫県以外に初めて出店した店で、32年間営業。丸善ジュンク堂書店(東京都)が今年1月、同店と名古屋店の閉店を発表した。

 レジには「32年間ありがとうございました」のメッセージが張り出されたほか、1階入り口では「スタッフのおすすめ本」のフェアを展開し、エスカレーター脇の壁にはイラストレーターや作家からの色紙が張り出された。

 中京区に住む30歳代の男性は「10年ほど前になかなか手にとらないような大判の本を購入したのがこの店だった。今日もフェアで目についた出版社で働く友人のエッセイなどを購入した。巡り合わせを感じている」と話す。

 30年前、学生時代に同店でアルバイトをしていた松下良太さんは、大阪から駆けつけ日本史やロシア政治などの専門書を購入。「当時はここまでの大型書店はなく、専門書に力を入れていた。今日もほかの本屋には無いような専門書があってそのDNAを感じた。周辺に大型店が増え、閉店という経営判断も仕方のないこととはいえ、思い出のある店なので残念」と振り返っていた。

 閉店時間の21時を過ぎても、入り口近くの棚に迫るほどのレジ待ちの人の列ができていた。

 大寺伸二店長は「当店は開店以来、専門書に力を入れてきた。今日で閉店となるが、皆さんの心の中で生き続けてくれると思う。多くの方に感謝申し上げたい」と挨拶。集まった人から「ありがとう」という声と拍手が続く中シャッターが閉められ、32年の幕を閉じた。
//////

「ジュンク堂京都店」が32年の歴史に幕…建物の老朽化や売り上げの減少で


 京都を代表する大型書店の1つの「ジュンク堂書店京都店」が2月29日、32年の歴史に幕を閉じました。

 1988年にオープンし、京都の四条通で長く愛されてきたジュンク堂書店京都店。建物の老朽化に加え、売り上げが1990年代のピーク時と比べて3分の1程度に落ちたことから、やむなく閉店することになりました。29日に来店した人は…

 「最後なので、本を買いに来ました。専門書が多いので、なくなると残念。」(来店した人)
 「一番いい本屋さんだと思っていたので、とても残念です。」(来店した人)

 29日午後9時45分、最後の客が店を出ました。店先には大勢の人が集まり、別れを惜しみました。

 「32年間、みなさま本当にご愛顧を賜り、本当にありがとうございました。」(ジュンク堂書店京都店 大寺伸二店長)

 近隣にあるグループ系列の「丸善京都本店」は営業を続けるということです。

https://www.youtube.com/watch?v=jVYwrYarr0I
/////
急な「臨時休校」で対応手探り 学童保育「過密」に感染予防で入れ替え制導入も


 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、京都や滋賀の多くの学校で3日、臨時休校が始まった。各自治体の学童保育は、過密状態で感染が広がるのを避けるため、スペース確保に工夫をこらすケースも。一方、今週は休校の措置を取らない京都府伊根町では普段通りの授業が行われた。

 大津市では37の市立児童クラブ(学童保育)が感染防止のため「入れ替え制」で対応。3〜6年は午前9時半〜午後3時半、1、2年は午後3時半〜6時(延長は午後7時)とした。
 膳所児童クラブ(中庄2丁目)は朝から約30人を受け入れた。普段より多い5人の指導員が新年度に向けた事務作業をこなしながら、室内で一緒に遊んだり自習を見守ったりした。島村千絵代表指導員(57)は「初めてのことなので人手を増やし、手探りで対応している」と話した。初日の利用者は、市内全域で登録者の4割の1006人だった。
 京都府京田辺市は小学校に併設された8カ所の放課後児童クラブ「留守家庭児童会」で、感染防止のため児童1人当たりの広さを確保しようと小学校の教室を開放した。
 同市宮津の三山木留守家庭児童会は、普段の8割程度の児童115人が利用した。三山木小の教室も使い、窓を開けて換気を心掛け、テーブルを消毒するなど感染予防を徹底した。同小3年の女子児童(9)は「急に休みになって、先生や学童に来ていない友達と会えないのが寂しい」と話した。
 京都府京丹後市峰山町にある民間の移住支援施設「丹後暮らし探求舎」は、放課後児童クラブなどに通えない子どもたちに施設の無料開放を始めた。小中高校などで外部コーディネーターとして教育に参画する探求舎代表理事の坂田真慶さん(33)が「公共サービスで手が届かないところを民間で支援できれば」と思い立った。初日は児童1人が訪れ、ブロック遊びなどをして過ごした。
 伊根町は小学校2校、中学校1校がいずれも小規模校で、1カ所に集まる学童保育に比べて安全との判断から授業を継続。児童18人が通う本庄小(同町本庄浜)は机の間隔を1・2メートル程度空け、休み時間に換気を実施した。手洗いや消毒を徹底、児童や教員はマスクを着けて授業に臨んだ。
 小坂卓男校長は「少人数だからこそできることだとは思うが、休校で外出をしないよう指導するより児童のストレスは少ないと思う」と説明した。9日以降の対応は6日に協議する。
/////
京都府内の医療機関 マスク不足深刻化 / トイレットペーパーなども品切れ



 新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、京都府内の医療機関でもマスク不足が深刻化していることが分りました。これは府内の医師などでつくる京都府保険医協会が新型コロナウイルスによる影響について府内の病院や開業医を対象に実施したアンケートで分かったものです。協会は先月21日から26日の期間にファックスでアンケートを行い、110の医療機関から回答を得ました。このうちマスクの在庫について、すでに不足している病院が22%、開業医は29%、一定の期間までしかもたないという病院は65%、開業医は41%となりました。また入荷状況については注文しているが入荷していないと応えた医療機関が7割を超え、マスク不足が深刻化している状況が明らかになりました。京都府保険医協会は「マスクや消毒液ばかりでなく手袋やガウンも不足している」と話しています。調査結果を受け、協会は先月26日、京都府と京都市に対して、感染防止に必要な物品の供給や体制づくりへの支援を求める要請を行ったということです。


/////
トイレットペーパーなども品切れ



新型コロナウイルスの感染が拡大する中、舞鶴市のドラッグストアでは、マスクに加えてトイレットペーパーなども買い占めで品切れの状態になっています。

マスクや消毒液のほかトイレットペーパーやティッシュペーパーも消費者が買い占めする動きが全国で広がる中、舞鶴市内のドラッグストアでも、品切れの状態が続いています。
この店では、市販の消毒用のアルコールの在庫がなくなったことを受けて、災害時と同じように、薬剤師の管理のもとで、業務用アルコールを販売していました。
買い物に訪れた50代の女性は、「近くの薬局などきょうだけで12軒回りましたが、マスクが手に入らないので、ガーゼで自作しようと思います。トイレットペーパーも品切れでびっくりしました」と話していました。
「太陽堂」の藤本茂樹社長は、「トイレットペーパーやティッシュペーパーなど紙類はみなさんが落ち着いていただければ潤沢になると思います。新型コロナウイルスでマスクも必要とされる状況だけに早くなんとかしたい」と話していました。

【買い占め冷静に判断を】
京都市消費生活総合センターには新型コロナウイルスに関連する相談が相次いでいます。
先月末までの1か月余りに寄せられた44件の相談の中には、「トイレットペーパーが買い占められていてどこの店にも売っていない」とか「買い占めを取り締まってほしい」という内容も含まれているということです。
SNSで「マスクの材料に紙が回される」とか「原材料が中国から輸入できなくなる」といったうその情報が流れていることが背景にあるとみられ、京都市消費生活総合センターの正木義之相談係長は「誤った情報ということも考えられるので、メディアが発信している情報などをもとに冷静に判断してほしい」としています。
/////

京都 一斉休校を前に 登校日 /京都 3日からの臨時休校を前に /休校 京都市内は5日から


京都 一斉休校を前に 登校日



 政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため全国の小中学校などに臨時休校を要請したことを受け京都府内の小中学校などは対応に追われています。京都市立の小中学校や高校などは今月5日から一斉に休校します。きょうは通常の登校日ということで京都市中京区の朱雀第四小学校では、午前8時、元気な「おはようございます」の挨拶とともにマスク姿の児童らが次々と登校していました。京都市教育委員会は、きょうから4日までの登校日も自宅で過ごす児童や生徒などに対しては欠席扱いにしないことにしていて、春休みまでの休校中に自宅で過ごすことが難しい児童や生徒は学校で受け入れます。また、京都府立の学校や福知山市、亀岡市や宇治市などの市立学校は明日から休校します。小学校や中学校などが休校している間、自宅で過ごすことが難しい子どもたちのために今月5日からの平日に客間を自習室として開放するのは京都市中京区の料亭「神泉苑平八」です。開放されるのは18畳の客間3つをつなげた和室で、テーブルと椅子が置かれています。幼稚園児や児童、中学生などが対象で最大でおよそ30人が利用できるということです。



//////
京都 3日からの臨時休校を前に


政府の要請を受けて、全国の小中学校や高校などの多くは2日から臨時休校に入りましたが、京都市と伊根町を除く京都府内の学校は準備期間が必要だとして休校は3日からです。
このうち長岡京市の小中学校では、3日からの臨時休校を前に、児童たちが休み中の過ごし方について説明を受けました。

長岡京市立長岡第四小学校は、休み前最後の日となった2日は、午前中の授業のみ行いました。
6年生のクラスでは、児童たちは外出はできるだけ控え、規則正しい生活をして感染を防ぐとともに、家庭で中学校に入るための準備を進めておくよう指導を受けていました。
小学校は、休みの間に小学校で学んだことを復習できるよう、自習用のプリントを配ったということです。
6年生の男子児童は、「残りの時間、友達と遊んで一緒に過ごしたかったので悲しいです。家でゲームばかりせず、家族と話したり本を読んだりして中学生活に向けて勉強したいです」と話していました。
また、女子児童は「こんなことになるとは思っていなかったので寂しい気持ちがあります。休みの間も手洗いやうがいとアルコール消毒をしっかりして過ごします」と話していました。
長岡第四小学校の平山孝次教頭は「家庭で過ごす時間が増えるので読書や家庭学習に取り組んでもらいたい」と話していました。

//////
休校 京都市内は5日から


政府の要請を受けて、全国の小中学校や高校などの多くが2日から臨時休校に入りましたが、京都市は準備期間が必要だとして、4日の水曜日までを登校日としています。

このうち、中京区の朱雀第四小学校では2日朝、児童およそ320人が通常どおり登校しました。
2日は担任の教諭が休校中はできるだけ家で過ごし、外出するときにはマスクを着けて人混みを避けることなど感染を防止するために守るべきことや、休校中の学習の方法などについて児童たちに説明を行ったということです。
朱雀第四小学校の平野智洋校長(54)は「感染の拡大防止に努めたうえで、休校までの3日間で子どもたちが次の学年に上がるための準備をしていきたい」と話していました。
//////
京都市休校中も児童受け入れ方針


京都市は市立の小中学校と幼稚園について休校となる今月5日以降も仕事や病気などで家庭での対応が難しい場合、児童や生徒を預かる方針を決めました。

京都市は市立の小中学校について、保護者が働いていたり、周囲の支援が受けられなかったりするなどの要件を満たした場合、休校となる今月5日以降も、それぞれの学校で、特例として児童や生徒を預かる方針を決めました。
期間は今月19日までの平日の午前8時半から午後3時半までです。
幼稚園についても、仕事や病気などで家庭での対応が難しく、保育が必要と認定された園児について、今月24日まで受け入れるということです。
総合支援学校の一部では、放課後デイサービスの確保ができないなどの理由がある場合、今月13日まで、スクールバスの運行や給食の提供を行い、学校で受け入れるとしています。
また、学校での卒業式と終業式については、感染防止対策を徹底したうえで予定どおり実施するということです。
これらの方針を京都市は2日付けで、すべての市立の学校に通知しました。
京都市教育委員会は、「感染を広げないために原則は自宅で過ごしてもらいたいが、子どもの居場所や安全安心を確保することが第一なので、柔軟に対応していきたい」と話しています。

//////
学童保育受け入れ状況



京都府内の公立の小中学校や高校、総合支援学校は、京都市と伊根町を除いて、3日から臨時休校に入ります。
急な決定で仕事の都合がつかず小学生の子どもたちを預かってほしいという声に対応するため、すべての自治体が休校の期間中、学童保育で受け入れる方針です。

【通常どおり】
3日から臨時休校を決めている自治体は、日曜日を除き、それぞれ学童保育で児童を受け入れる方針です。

【7時半から6時半】
▼京丹後市は午前7時半から午後6時半までです。

【8時から6時】
▼宮津市、亀岡市、久御山町、長岡京市、木津川市、和束町、精華町、南山城村、与謝野町は午前8時から午後6時までです。
▼ただ、久御山町は3日は午後1時半から、
▼長岡京市は3日と4日は午後1時からです。

【8時から6時半】
▼舞鶴市、綾部市、午前8時から午後6時半までです。

【8時から7時】
▼八幡市、井手町午前8時から午後7時までです。

【8時半から5時半】
▼大山崎町は午前8時半から午後5時半までです。

【8時半から6時】
▼笠置町、京丹波町、向日市、午前8時半から午後6時までです。
▼ただ、向日市は3日と4日は午後1時半からです。

【8時半から6時半】
▼宇治市、南丹市、京田辺市、午前8時半から午後6時半までとしています。

【8時半から7時】
▼城陽市は午前8時半から午後7時までです。

【限定あり】
▼宇治田原町は、原則として1年生から3年生までに限定したうえで、午前7時半から午後6時半まで開設することにしています。
▼福知山市は学童保育は午後2時から午後7時までです。
それまでの時間帯については、学校で過ごす場所を用意するということです。
多くの自治体では土曜日は時間を短縮して開設するということで、詳しくはそれぞれの自治体にご確認ください。

//////

鉄道やバス定期券払い戻しに対応


臨時休校に伴い、鉄道や路線バスの運行会社は、最後に登校した日を基準に定期券の払い戻しに応じる対応をとっています。

このうち京都市交通局は、地下鉄や市バスの通学定期券について、休校日以降に定期券を使用していない場合、払い戻しを申し込んだ日にかかわらず、最後の登校日の翌日から払い戻しの対象としています。
府内でもJRや私鉄、路線バスの各社がそれぞれ休校となった小中学校や高校などに通う児童生徒を対象に、休校日を基準にした払い戻しに応じています。
払い戻しの条件や方法についてはそれぞれの運行会社までお問い合わせください。


/////
/////
新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ と 世界各国の累計感染者数
https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

/////

新型ウイルス検査 地域で偏り( ▽神奈川県で少なくとも811件、次いで、▽東京都が704件、▽和歌山県が609件、▽千葉県でおよそ300件、▽愛知県で182件など)



 新型コロナウイルスの検査について、NHKは都道府県ごとの実施状況を調べました。
感染者が相次いだ神奈川や東京、和歌山では、先月26日までの10日間に600件以上行われていた一方で、感染者がいなかった地域では数件にとどまるなど、地域によって大きな開きがあったことが分かりました。
専門家は「感染者が多い地域の検査を別の都道府県が代わりで行うなど、全国で協力体制を整えていくべきだ」と指摘しています。

NHKは全国の放送局を通じて、検査対象が拡大した先月17日から、26日までの10日間に実施された新型コロナウイルスの検査件数を調べました。
その結果、全国の都道府県で10日間に国の実施分を除いて、少なくともおよそ4500件の検査が行われ、1日あたりの平均はおよそ450件となりました。
地域別に見ると、▽神奈川県で少なくとも811件、次いで、▽東京都が704件、▽和歌山県が609件、▽千葉県でおよそ300件、▽愛知県で182件などとなっていて、感染者が相次いで確認された地域が多くなっています。
国内で、感染した人が最も多く確認されている北海道は、期間中の詳しい集計ができていないということです。
一方、▽岩手県では4件、▽高知県で7件、▽青森県で12件、▽群馬県で13件、▽徳島県で14件などと感染者が確認されていなかった地域では検査件数が少なくなっています。
また、都道府県の中には、症状などから保健所が検査を見送ったケースがあると回答したところも複数ありました。
厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの検査は、現在、各地の衛生研究所や民間の検査機関、それに大学などで1日あわせて4030件ほどが可能になっています。
感染症対策に詳しい東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は「検査の件数は、感染者数や保健所のマンパワーなどによってどうしても地域で偏りが出てくる。和歌山の検査を大阪が協力したように、検査が比較的少ない地域が代わりに行うなど日本全体で協力しあっていく必要がある。そのためには国が率先して協力体制を整えてほしい」と話していました。
/////
現場で混乱も「国の方針一貫せず」 現場で混乱も「国の方針一貫せず」


都道府県の中には、ウイルス検査をめぐる国の方針が一貫しておらず、現場でどう対応していいか混乱しているなどと話すところもあります。

このうち東京都は、検査対象についてどこまでを含めればよいのか国の対応が一貫しておらず、混乱を招いていると話しています。

また、検査体制を整えようと民間の検査会社を探したものの、国としか契約しないと門前払いされたこともあったといます。

さらに、人手不足を訴える自治体もあります。保健所の職員は、今の時点でも相談を受け付けたり、ウイルス検査の検体を医療機関に受け取りに行くなどしてフル稼働で対応しているため、さらに検査が増えれば体制が成り立たないという声があがっています。

また、相談センターには、いまだに症状がない人から検査を受けたいと求められることがあり、相談や受診の目安が十分周知できていないと指摘する意見も出ています。

「簡単には検査数増やせない」


新型コロナウイルスの検査を受けたくても受けられないといったケースが相次ぎ、国は検査体制の拡充を図っていますが、検査を担っている研究所からは、質を保つのが難しいため、簡単には検査数を増やせないという声が出ています。

全国に83か所ある地方衛生研究所の1つ、川崎市健康安全研究所には新型コロナウイルスの疑いがある検体が連日、およそ20件届けられ、5人の専門の職員が交代で週末も検査にあたっています。

研究所では、検体が届けられると、職員が2人1組で、検体の番号などを記録したあと、二重扉で隔離し、室内の気圧を低く保って、ウイルスが漏れ出さないようにした特別な検査室に持ち込みます。

検体に試薬を入れて、ウイルスを抽出する作業は、新型コロナウイルス専用にしている検査室1室だけでしかできません。続いて、遺伝子の断片を大量に増やして検出する「リアルタイムPCR」と呼ばれる装置に入れて分析しますが、全体の検査の過程でおよそ5時間かかるということです。

研究所では最大で1日40の検体を検査できますが、となりあった穴に少しでも液が混入すると結果を誤るおそれがあるため、穴を1つずつ空けて液を入れることにしていて、実際に検査できるのは半数の20件程度だということです。

川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は、「限られたスタッフで、休みなく検査をしている状況だ。検査の正確性や安全性が損なわれるリスクがあり、簡単に数を増やすことは難しい」と話しています。
電話相談の専用窓口 少なくとも8万3000件余り
また感染が疑われる人からの電話相談に応じる専用窓口「帰国者・接触者相談センター」に寄せられた相談は、先月26日までの10日間に少なくとも全国で8万3000件余りに上り、このうち「帰国者・接触者外来」を受診することになったのは少なくとも1358件となっています。

ただし、16の都道府県は外来の受診件数については非公表や未集計だとしていて、実際にはこれ以上の人たちが受診しているものと見られます。
/////
本当??

【新型コロナ】PCR検査の拡大を感染研OBが妨害……「岡田教授」がテレ朝で告発の波紋


 涙声の訴えにネットは騒然
 2月28日、テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(平日・8:00)は新型コロナウイルスの特集を放送した。ゲストは元国立感染症研究所研究員の岡田晴恵・白鴎大教授。最近、彼女をテレビで見ない日はないが、この日は岡田教授がいきなり“爆弾発言”。スタジオが一瞬、凍りついたことをご存知だろうか。



 番組が始まると、最初はイベント自粛の問題を報道。次に安倍晋三首相(65)が全国の小中学校に臨時休校を要請したことについて、コメンテーターが活発な議論を交わした。

 そして午前9時台から「苦言 新型コロナ PCR検査拒否 医師会 改善要求」という問題を取り上げた。

 この「PCR検査」という言葉は、最近よく耳にする。だが、実際にどんな検査が行われているのかを知る人は少ない。

 新型コロナウイルスに感染しているかを検査する方法は、PCR検査しかないとされている。

 鼻や喉に綿棒を入れ、粘膜を採取。この中に存在するかもしれないウイルスの遺伝子を増やし、陽性か陰性かを調べる検査方法がPCRだ。

 PCRはDNAの増やしたい部分だけを増やし、特殊な装置を使えばDNAの目視も可能だ。新型コロナウイルスのDNAを増やし、それが目で見えたら陽性、いくら増やしても目で見えなかったら陰性、という判定が下る。

 このPCR検査について「モーニングショー」は連日のように報道を続けてきた。

 特にテレビ朝日報道局員であり、この番組でコメンテーターを務める玉川徹氏は、一貫して「もっと多くの人がPCR検査を受けられるようにすべき」と訴えてきた。

 玉川氏の発言は、ネット記事が報じることが多い。これまでの報道を振り返ってみよう。

◆2月14日「玉川徹氏 新型コロナウイルス対策に『PCR検査を希望者全員が受けられるような態勢を早急に』」(スポニチアネックス)

◆2月24日「玉川徹氏 韓国のPCR検査能力1日5000件に『日本の医療態勢が韓国以下のわけが…やってないだけ』」(同)

◆2月26日「玉川徹氏 希望者へのPCR検査に『政府が限っているのであって、できないんじゃない』」(同)

◆2月27日「玉川徹氏 野党提出方針のPCR検査関連法案に『まさか反対しないと…』」(同)

 岡田教授も基本的には同じスタンスだ。

 上の一覧で、スポニチアネックスが2月27日に報じた「玉川徹氏 野党提出方針のPCR検査……」の見出しをご紹介した。

 同紙はこの記事を、岡田教授の名前を使った見出しに変更し、内容の一部も変更して報じている。これもご覧いただこう。

◆2月27日「岡田晴恵教授 PCR検査関連法案に『明日にでもやっていただきたい』」


玉川氏は保険適用のメリットを力説
 このような経緯を踏まえていただき、28日の放送を振り返ってみる。

 まず羽鳥慎一アナが「現場の医師はPCR検査が必要と判断しても受けられない例がかなりある」と、東京都の医師会が指摘していることを紹介した。

 その理由として「保健所が『現状では重症の肺炎患者を優先』という理由から断られたケースが多い」と、医師会は説明したという。

 今も感染の拡大が懸念されている。日本医師会は「医師の判断で検査を確実に実施できるよう態勢強化を」と訴え、加藤勝信厚労相(64)は「来週にも公的医療保険の適用対象にする考え」を示した。

 現在PCR検査を行うためには、医療機関は保健所に申し込む必要がある。そして保健所が必要だと判断した場合に限って、地方衛生研究所が検査を実施している。

 PCR検査が保険適用になると、もちろん検査費用の個人負担分が少なくなる。

 それだけでなく、医師が検査を希望しても保健所に相談する必要がなくなるという。将来的には民間の調査会社への発注も期待されている。もし民間への依頼が可能になれば、検査が可能な件数を大幅に増やすことができる。

 番組は、このように保険適用のメリットを報じていった。

 ところが岡田教授は「たとえ保険適用になったとしても、一般の病院が民間に検査を発注できるとは、新聞記事のどこにも書いていない」といった主旨の指摘をした。

 これに玉川氏は「それは国会で問いただすことになるんじゃないですか。そうじゃないと意味がない」と返す。

 羽鳥アナは「多分、現状はそうじゃないんですよね」と補足する。

 玉川氏は「今までと桁が違うくらい検査件数を増やす」ために政府は保険の適用を決めたと、改めて解説を始める。

 保険で検査費用が安くなり、医師が保健所に相談する必要がなくなる。そうすれば需用が飛躍的に伸びる可能性は高い。

 需用が伸びれば、言葉は悪いがビジネスチャンスだ。PCR検査を引き受ける民間会社も増加することが見込まれ、そうなれば検査が可能な件数が増えるという理屈だ。

 その後も玉川氏は「検査件数を増やすことが、どれだけメリットがあるか」、「偽陽性の問題があるとしても、検査をしない現状より、検査をしたほうが圧倒的に国民の健康を守ることにつながる」などと力説した。

 頃合いを見て羽鳥アナが「なんで岡田先生、こんな(検査の)数少ないのかなって、とこなんですけど」と質問する。

 岡田教授は「あの……」と話し出すのだが、その声が震えていると気づいた視聴者は少なくなかっただろう。

岡田教授が突然に暴露を開始
 以下は彼女の発言である。言い直しや「あのー」という発言など、一部は割愛した。

《プライベートなことは言いたくないんですけども、中枢にある政治家の方からも、「こういう説明を受けたんだけど、これは解釈、本当にこれでいい?」とか、よく電話がかかってくるんです。

 公的負担に関しては「できたよ」という風な電話があったんですけども、正直言いまして複数の先生から、クリニックから直接(註:民間に検査できる)かということについては「ちょっと待ってくれ」と言われている。「だから、それはまだ分からないんだ」と。

「じゃあ先生、待ってくれというのはどういうことなんですか」ということをお聞きしました。

 私は穿った見方をしていました。経済の方とかご同席すると、「オリンピックってのは巨額なんだよ」と。「そういうために汚染国のイメージはつけたくないんだよ」と、そういう大きな力なのかって思っていたんです。それは抗いがたいくらいの大きな巨額な力なのかなと思っていたんです。

 先生方にぶつけました。そうしたら「はははは」と笑われて、「そんなね、肝が据わったような、数をごまかしてまで、そんな肝が据わった官僚は、今どきはいません」と。

「これはテリトリー争いなんだ」と。このデータはすごく貴重なんだ。衛生研(註:地方衛生研究所)から上がってきたデータを全部、感染研(註:国立感染症研究所)が掌握すると。

 このデータを「感染研が自分で持っていたい」ということを言っている専門家の感染研OBがいると。「そこら辺がネックだったんだ」ということを仰っておられて、私がその時に思ったのは、ぜひ、そういうことは止めていただきたいと。

 大谷先生(註:出演していた大谷義夫医師》のところで人工呼吸器につながれて確定診断できない人がいる。

 そしてこれ、広がれば数万人の命ですよね。こういう方がいっぱいいましたら、数万人なのか、数万人でも済まないのか分かんないと。

 そもそも、こういう数値だったから(註:「医師のPCR検査要求を保健所が断る」と書かれたボードを指さし)、行政が遅れてきたわけじゃないですか。

 今、ようやくここから(註:「加藤厚労相が保険適用の対象にするという考え」と書かれたボードを指さし)保険適用でクリニックから(検査が)行くかもしれませんけど、初動が遅れたという、感染症の一番の(重要なポイントは)初動だってところは、あれが(註:PCR検査数)が少なかったからだと思っています。

 そういう意味では、論文がどうだとか業績がどうだとかということよりも、人命を、本当のところの人命を取っていただきたいという、元々の感染研の方針に帰っていただきたい》

 最後に岡田教授は「一部にそういうOBがいるってことで、人命に関わってくるというのは凄く怖いなと思っています」と締めくくった。

リアクションに困るスタジオ
 すぐに玉川氏は「ものすごい告発ですよ」と興奮気味に言う。羽鳥アナは「民間に検査を委託すると、感染研がデータ集められないってことですね」と最も重要なポイントを要約し、視聴者に念を押すように伝えた。

 それからカメラはコメンテーター席を映した。レギュラーコメンテーターの長嶋一茂氏(54)や吉永みち子氏(69)の顔がテレビ画面に出たのだが、驚きのあまりリアクションに困っていたのは言うまでもない。

 ツイッターは直後から強い反応を示し、「岡田先生」などの単語がトレンド入りした。その一方で、これまで番組の発言をネット用記事で報じてきたスポーツ紙などの大手メディアは沈黙を守っている。

 岡田教授の発言について、専門家の意見を聞いた。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏に取材を申し込むと、「岡田先生のご指摘は、充分にあり得ることだと私も思います」と指摘する。

「ウイルス検査で得られるデータなどの情報、さらに検査に必要な予算を独り占めすることを、一部の感染研OBが最優先に考えたとしても、役人の世界では不思議なことではありません。新型ウイルスの検査費用が公的保険の対象となれば、普通は民間の病院から民間の調査会社への依頼が加速するはずです。これを嫌がる感染研OBが厚労省を巻き込み、大学病院を受診した患者を保険の適用対象に限定するなど、これからも骨抜きを狙ってくる可能性があります。私たちは引き続き、厚労省の動きに注意する必要があるでしょう」

「モーニングショー」で玉川氏は「野党が国会で追求すべき」と訴えた。国会で真相が究明されることはあるのだろうか。
/////
本当??

重大告発 ! 岡田晴恵教授が涙で訴え!「感染研の先生方は自分の実績より人命を優先してください」PCR検査拒否の真相はここだった


新型コロナウイルス問題の解説のため、ここのところ連日「モーニングショー」に出演している国立感染症研究所ウイルス部元研究員の岡田晴恵・白鴎大教授はきょう27日(2020年2月)に重大な告発をした。感染を判断するPCR検査の体制が十分ではなく、現場の医師からSOSが上がっていることについて、「国立感染症研究所のOBがデータを独占したがっていることが背景にある」と暴露したのだ。

岡田教授は思いつめた様子でこう話した。「(PCRが公的医療保険の適用対象になるからといって)クリニックから直接(民間のPCR検査を依頼できるかどうか)ということはまだわかりません。ちょっと待ってくれと、中枢の先生方が言われたからです。

私はうがった見方をして、オリンピックのために汚染国のイメージをつけたくないという大きな力が影響しているのかなと思って、先生方に聞いたのですが、『そんなことのために数字をごまかすほど、肝の据わった官僚はいない。これはテリトリー争いなんだ。このデータはすごく貴重で、地方衛生研究所からあがってきたデータは、全部、国立感染研究所が掌握しており、このデータは自分で持っていたいと言っている感染研OBがいる。そのへんがネックだった』とおっしゃっていました。ぜひ、そういうことはやめてほしい。人工呼吸器につながれながらも、確定診断してもらえない人がいるんです。数万人の命がかかっています」

民間の検査態勢整っているのに「自分たちでデータを独占したい」


つまり、民間の検査会社などにもPCR検査ができる体制が整っているにもかかわらず、検査を受けられない「検査難民」が多発している背景には、データを独占したい国立感染症研究所の思惑があるというのだ。

岡田教授は「論文がどうだ、業績がどうだということよりも、人命をとるもともとの感染研の方針に返っていただきたい。一部のOBのせいで、人命にかかわってくるのは怖いことです。現場の人間が悪いわけじゃありません。感染研の人間も衛生研の人間も疲弊しています」と涙を浮かべて訴えた。

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「ものすごい告発ですよ。野党、これは国会で追及してください」


//////
///
【速報】上昌広医療ガバナンス研究所理事長が感染研OB岡田晴恵教授と同様に告発、「厚労省が旧日本陸軍の伝染病研究所である国立感染症研究所にPCR検査を丸投げし、研究データを集めているから民間病院が検査できない」
///
新型コロナ対策

//////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード