FC2ブログ

京都 上賀茂神社 新緑の馬場で「賀茂競馬」

京都 上賀茂神社 新緑の馬場で「賀茂競馬」


 天下泰平と五穀豊穣を祈願する「賀茂競馬」がきょう、京都市北区の上賀茂神社で営まれ、新緑が鮮やかな境内を10頭の馬が駆け抜けました。上賀茂神社の競馬は、平安時代の1093年に宮中での儀式を上賀茂神社に移して始まったとされる伝統行事で、京都市の登録無形民俗文化財にも指定されています。赤い装束の左方と黒い装束の右方に分かれて、境内に設けられたおよそ200mの馬場で勝負が行われ、「乗尻」と呼ばれる騎手が勇ましい掛け声を上げながら、馬は力強く芝生を蹴り上げ馬場を駆け抜けました。馬の迫力ある走りに、集まった観客らから大きな歓声が上がりました。今年の勝負は、赤い装束の左方が3勝2敗で右方に勝利しました。

/////
上賀茂神社で伝統の「賀茂競馬」


京都の世界遺産、上賀茂神社で、2頭の馬を走らせて速さを競わせ、五穀豊じょうなどを祈る「賀茂競馬」の神事が行われました。

「賀茂競馬」は、平安時代に宮中で馬を競わせて五穀豊じょうや天下太平を願ったのが始まりとされる神事で、毎年5月5日の端午の節句に行われています。
京都市北区の上賀茂神社の境内には、直線の馬場が設けられ、10頭の馬が2頭ずつに分かれて150メートルの区間での速さを競いました。
かつて神社の神職をつとめた豪族の子孫たちが「乗尻」と呼ばれる騎手として、黒やだいだい色の衣装をまとって馬にまたがり、先に走り出した馬に後ろから追いかける馬がどれだけ差を詰められたかで勝敗を決めます。
「乗尻」の勇ましいかけ声とともに、馬がひづめの音を響かせながら勢いよく境内を駆け抜けると、訪れた人たちは歓声をあげていました。
京都市の20代の男性は、「初めて見ましたが、馬がとても速くて迫力がありました。まだ中学生の乗尻が馬を上手に乗りこなしていてすごいと思いました」と話していました。
/////
「白丁」役来ず危機 茶髪ピアス控えて 天皇勅使派遣の葵祭

 京都三大祭りの一つ、葵祭「路頭の儀」が15日に行われるのを前に、行列に参加して傘や沓(くつ)といった調度品を持つ「白丁(はくちょう)」役を務める男性が集まらず、祭りを運営する「葵祭行列保存会」が危機感を募らせている。巡行に欠かせない役割を担うだけに、保存会は初めて一般市民からのボランティア参加を募ることを決めた。

 白いかみしも姿で歩く白丁役については例年、京都市内の大学に呼び掛けて学生の参加者を募ってきた。だが近年では少子化が進むとともに大学では授業への出席が重視されるなど、平日に催行される巡行に学生が参加しづらい状況になり、大学への呼び掛けだけでは必要な参加者が確保できなくなってきたという。

 特に今年は、約200人の人材が必要なところ4月末の時点で3分の1程度しか集まっていないといい、急きょ市民参加を呼び掛けることにした。

 初の試みで手探りだが、天皇陛下の勅使が派遣される伝統の祭りで、また日本の美意識を体現する平安絵巻の再現が多くの人を魅了してきただけに、茶髪や長髪、ピアスなど祭事にふさわしくない姿での参加は控えてほしいと呼び掛ける方針だ。

 葵祭行列保存会の猪熊兼勝会長は「今年は令和になって初めての葵祭。京都の歴史に触れる一日を経験したいという方にぜひ参加してほしい」と話している。

 募集人数は約50人で、大学生から60代後半までの男性が対象。約8キロの行程を歩けることや雨天の場合は16日の行列に参加できることが必要。当日は下鴨神社で昼食が出る。受け付けは7日午前9時から。

//////
樫の実の「記憶メモ」少しづつ

//////

「令和」に伝えたい数学書籍 選  平成30年間の和書・書籍「120冊」(日本語)と洋書・書籍「31冊」(英語版)

数学者 志村五郎先生 追悼
300年来の超難問証明に貢献、志村五郎氏死去 (「整数論」の世界的権威)
//////
京都賞 受賞記念講演 黒澤 明(思想・芸術部門映画・演劇)、アンドレ・ヴェイユ(基礎科学部門 受賞(数学 整数論・代数幾何学など))国立京都国際会館へ (大学の研究室 教授らとも、京大の友人とも)ame



あの頃考えていたこと(学問編)メモvol.2  数学 整数論(志村理論)を知る 「数を読む」Jugem



あの頃考えていたこと(学問編)メモvol.1  数学 整数論(志村理論)を知る 「数を読む」 se



数学 整数論「素数の宇宙の世界」 Dream of G. Shimura? (志村理論:志村多様体・志村ゼータ関数・志村曲線・志村モデル・志村系リフト・・) 【今日の数学者】2月23日生 志村五郎 li




1993年6月23日 プリンストン大学のA.ワイルスが、フェルマーの最終定理の証明を宣言 fc2




1994年9月19日 プリンストン大学のA.ワイルスが、フェルマーの最終定理の証明を修正 li


1995年2月13日 プリンストン大学のA.ワイルスが、フェルマーの最終定理の証明(完成)se



感動!数学の歴史 「350年の難問解決! フェルマーの最終定理」 1995年2月13日( 数学[整数論]) ame


/////
/////
数学界に多大な功績を残してくださいました。
(ご冥福を、お祈りいたします。)

「谷山・志村予想」を提唱。300年以上にわたり数学界の難問だった
「フェルマーの最終定理」を証明する手掛かりとなった。

300年来の超難問証明に貢献、志村五郎氏死去 (「整数論」の世界的権威)

この「フェルマーの最終定理」と下図の「謎」を解明してみない?(「フェルマーの最終定理」=「謎」?)
( こどもの日に「謎」を親子で解こう!)
モジュラーの世界のイメージ

京大受験必読、数学者・志村五郎の遺した言葉 (ちくま学芸文庫 「数学をいかに使うか」(2010) 「数学の好きな人のために」(2012) 「数学で何が重要か」(2013) そして「数学をいかに教えるか」(2014) の4冊)
/////
2015年11月
NHK (明日、夜放送! 全4回)数学ミステリー白熱教室 ラングランズ・プログラムへの招待 数学を統一する 数学の理論(特に対称性)の後!「楕円曲線」「表現論」「保型形式論」・・・
/////


完全理解 「フェルマーの最終定理」の研究  (数学・数理科学分野) (「フェルマーの最終定理の証明」の理解へ)

完全理解 「ポアンカレ予想」の研究  (数学・数理科学分野) (「ポアンカレ予想の証明」の理解へ)
/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード