FC2ブログ

新元号「令和」公布 5月1日施行 出典、初の国書 5月1日午前0時から施行/会見要旨

新元号「令和」公布 5月1日施行 出典、初の国書 5月1日午前0時から施行/会見要旨
令和 新元号
/////

慶応
“慶雲応輝,皇階授木。”
《昭明文選》

明治
“聖人南面而聴天下,向明而治。”
《易経》

大正
“剛中而応,大享以正,天之道也。”
《易経》

昭和
“百姓昭明,協和万邦。”
《尚書》

平成
“父義,母慈,兄友,弟恭,子孝,内平外成。”
《史記》

令和
“初春令月 気淑風和。”
《万葉集》
/////

 政府は1日、平成に代わる新元号を「令和」と決定した。「れいわ」と読む。出典は「万葉集」で元号の漢字を日本の古典(国書)から採用したのは確認できる限り初めて。4月30日の天皇陛下の退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位される5月1日午前0時に改元する。「令」が元号に使われるのは初めて。



安倍晋三首相は1日に記者会見を開き、首相談話を発表した。「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した」と述べた。

天皇陛下は1日、新元号を定めた政令に署名、押印された。政令は同日公布された。1日付の官報号外には、政令とともに新元号の読み方を定めた内閣告示を掲載した。

「令和」は日本最初の元号「大化」から248番目にあたる。これまで天皇の即位前に新元号を公表したことはなく、憲政史上初の天皇退位に伴う対応だ。平成は1989年1月8日から2019年4月30日までの30年4カ月で幕を閉じる。

新元号は日本の古典を典拠とする3案と、中国古典を出典とする3案の計6案から絞り込んだ。安倍晋三首相は1日のNHK番組で、首相官邸で開いた有識者による元号に関する懇談会では「国書を典拠とすべきだと有識者全員が言っていた」と明かした。

出典については、菅義偉官房長官が記者会見で墨書を掲げながら、万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文から引用したと説明した。「初春の令月にして 気淑(よ)く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披(ひら)き 蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す」との内容で、梅の開花とともに訪れた春への喜びをうたった部分だ。

首相は記者会見で、万葉集について「幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書だ」と強調。「令和」には「人々が美しく心を寄せあうなかで文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明した。

1日のNHK番組では「令和」案を初めて見たのは「3月だった」と明かした。「紡いできた歴史に新しい一ページを加えていく責任をひしひしと感じていた」とも語った。選定過程に関する公文書を非公開とする期間は「基本的に30年で検討していく」と述べた。

天皇陛下は4月30日に退位し、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位される。憲政史上初の「退位礼正殿の儀」は4月30日。皇太子さまは5月1日に歴代天皇に伝わる神器などを引き継ぐ「剣璽等承継の儀」や「即位後朝見の儀」に臨まれる。

天皇陛下は2016年8月、国民向けのビデオメッセージで象徴天皇としての務めに関する考え方についてお言葉を述べ退位の意向を示唆した。

政府はこれを踏まえ、天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議を設置。現天皇一代限りで退位を認める特例法を成立させた。

元号は1979年施行の元号法に基づき、内閣の責任で定める。政府は3月14日に複数の学者らに新元号の考案を正式に委嘱し、それぞれ2~5つの案の提出を求めた。1日午前9時30分から官邸で「元号に関する懇談会」を開いて元号案をめぐって議論した。その後、衆院議長公邸で衆参両院の正副議長から意見を聴取した。首相官邸で開いた全閣僚会議を経て、臨時閣議で新元号を定めた政令を決定した。
/////
改元めぐる京都秘史 京の学者、幻の「文思」案 平成誕生前

時を司(つかさど)る。その伝統はかつて京都にあった。
 時代を名付け、時代を区切り、世の空気を変えようとする古いしきたり。元号は時代の歯車を動かす象徴とされた。海亀の甲羅を焼き占った江戸期の大嘗祭(だいじょうさい)の仕儀や「改元部類記」を、京都の社家や旧公家は伝えてきた。昭和まで京都は「即位の地」だった。
 中国の影響を受けて、日本では孝徳天皇の「大化元年」(645年)から、元号制度を始めた。珍しい亀が見つかった、天災や不吉なことがあったなどの理由で1人の天皇の治世で何度も改元した例も多い。漢字4字の年号もあった。日本の古典から引用した例は過去ない。
 江戸時代、京都の公家が中国の古典から年号を選ぶことを「難陳」といい、当時から「閑議論なり」などと批判があった。「平成」は元治2年(1865年)にも年号候補の一つになっている。明治政府により、中国の清朝にならった「一世一元」が制度化された。
 「平成」に年号が決まったプロセスは極秘裏に進められた。昭和天皇が亡くなったその日の午後、新元号が発表された。誰が、どう関わったのか。なぜ深く秘する必要があったのか。
 1984(昭和59)年。京都市左京区北白川を、内閣内政審議室長が密かに訪れた。訪問先は貝塚茂樹・京都大名誉教授宅。東洋史の碩学(せきがく)で、弟はノーベル物理学賞受賞者の湯川秀樹。
 貝塚氏は、新元号案の考案者になるよう依頼された。貝塚氏は仏文学の桑原武夫・京都大名誉教授らと元号法制化への反対声明に署名したこともある。しかし、元号考案を引き受けた。
 「文思」
 「天章」
 「光昭」
 提出した3案。第1候補は、書経から選んだ「文思」だった。
 過去に使用例がなく、国民の理想にふさわしい漢字2字。出典も問われる。元号案は難題だ。孫は「平成になってから、祖父が元号考案に関わったと祖母から聞いた。『文思』だけ教えられ、祖母と2人でいい字だと話した記憶がある」と振り返る。
 だが貝塚案は幻に終わった。
 「平成」の元号制定に関わった当時の竹下登首相、小渕恵三官房長官(のち首相)ら限られた数人のうち1人が、内閣内政審議室長となった的場順三氏。大津市出身で膳所高から京都大卒。前任者から引き継がれ、元号を提出した後の貝塚氏宅を密かに何度も見舞った。「候補案は目にしましたよ。しかし、経緯を自分の口からは言えない」と的場氏は語る。
 「お願いした学者の方々にも迷惑がかかるので。しかし20年が過ぎたら、誤った話が流布しないよう、一定明らかにしようと竹下さんと約束した。『平成』の考案者は山本達郎さん=東京大名誉教授、東洋史=です」。元号に込めた思いとは何か。重い口を開いた。
 「元号は新しい時代へ向かう縁起が良いものなので、物故者の案はふさわしくないとの声があった。一方で、この人なら、と学者の間で納得する方でなければならない。秘匿しようということになった。別の京都の学者にも依頼したが、断られた。『名誉なことだけど』と少し考えておられたが、重かったようだ」。昭和天皇の病状が重くなる中、「当時、私は常に漬物石が頭にぶら下がった状態だった。前任者からは『自分でなくてよかった』と言われましたよ」。
 最終的に官邸にあったのは3案。「正化」「修文」「平成」だった。昭和天皇が崩御した日に有識者懇談会を経て竹下登首相らが決定、官房長官が新元号を発表した。即日改元ではなく翌日に改元したことや「皇室行事」といった言葉使いに対し、的場氏は「関西の右翼団体から、何度も脅しを受けましたよ。不敬だと。命の危険もあった」と話す。
 四書五経を声に出して読む素読。かつて東洋の文人共通の教養だった。元紀州藩士だった祖父に、小学校へ通う前から素読をたたき込まれた貝塚茂樹氏は、京都大卒業後、京大人文科学研究所で甲骨文字に代表される出土資料に着目した研究に没頭した。「史記」「論語」の訳注を始め、日中の比較文化や中国近代史にも造詣が深い大家だ。
 元号案は昭和の終わりごろ、首相が選んだ数人の有識者が各2~5案を提出した。元号法に基づき、国民の理想としてふさわしい良い意味▽漢字2字▽過去に元号として用いられていない-などと1979年に閣議決定されている。貝塚氏もこれを踏まえ、「文思」「天章」「光昭」の3案を提出したとされる。
 3案のうち、文思は、中国の代表的な古典である五経の一つ「書経」の中の「放勲欽明 文思安安」から取った。
 天章は、中国最古の詩集「詩経」の一節にある「倬彼雲漢 為章于天 周王寿考 何不作人」を引いた。「大きく浮かぶ天の川は、天上界にあやをなす。周王よ、いつまでも人の命をながらえたまえ」と訳され、次の時代への希望を込めたと考えられる。
 光昭は、「春秋」の解説書である「左氏伝」のうち、「光昭先君之令徳 可不務乎」が出典。
 貝塚氏は、62年に出版した著書「山荘旬日」の中で、元号について触れている。
 ≪昭和の年号をつけるか、西暦によるかなどというような問題は、われわれの年代の人間にとってはかなり重大な問題である。年号は日本、中国では天皇制、皇帝制に直結した重要な制度であったのであるから≫
 「われわれの年代」。中国文化に親しみ、漢学者を尊敬していた貝塚氏の目に、日中戦争へと突き進む日本はどのように映ったのか。戦争で仲を切り裂かれた、学問を通して交流した中国人の友人たち。第2次世界大戦では、末弟の小川滋樹氏を戦病死で失った。
 「貝塚先生も軍人が威張っている世の中や、軍事的主張を嫌っていた。当時の学者はみんなそうだったでしょう」と教え子はつぶやいた。「文という字を元号に使ったところに、貝塚先生の強い気持ちが表れている。平和への願いを込めた案だったのでしょう」
 改元は「天皇の崩御」が前提となるため、昭和に政府から考案者として委嘱された学者たちは口を閉ざした。貝塚氏は87年に他界した。
/////
「令和」、平成に代わる新元号に 5月1日午前0時から施行/会見要旨


菅義偉官房長官は4月1日午前11時半すぎ、記者会見を開き、平成に代わる新元号を「令和」と公表した。新元号は天皇陛下の退位に伴い、5月1日午前0時から施行される。

菅義偉官房長官の会見要旨は以下の通り。

---

新しい元号は、令和であります。

この新元号については、本日、元号に関する懇談会と、衆および参議院の議長、および副議長のご意見を伺い、全閣僚において協議の上、閣議において決定をしたものであります。

新元号の典拠について申し上げます。

令和は、万葉集の梅の花の歌三十二首の序文にある「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から引用したものであります。

この新元号に込められた意義や国民の皆さんへのメッセージについては、この後、安倍総理の会見があります。

---

安倍晋三首相の談話は以下の通り。

---

本日、元号を改める政令を閣議決定致しました。新しい元号は、令和、であります。

これは、万葉集にある「初春の初春の令月にして 氣淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」との文言から引用したものであります。

そして、この「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められております。

万葉集は、1200年あまり前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。

悠久の歴史と、薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、ひとりひとりの日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込めて、令和に決定致しました。

文化を育み、自然の美しさを愛でることができる、平和の日々に心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様とともに切り開いていく。新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。

5月1日に皇太子殿下がご即位され、その日以降この新しい元号が用いられることとなりますが、国民各位のご理解と、ご協力を賜りますよう、お願い致します。

政府としても、ほぼ200年ぶりとなる歴史的な皇位の継承がつつがなく行われ、国民こぞって寿ぐことができるよう、その準備に万全を期してまいります。

元号は、皇室の長い伝統と、国家の安泰と、国民の幸福への深い願いとともに、千四百年近くにわたる我が国の歴史を紡いできました。日本人の心情に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものとなっています。この新しい元号も、広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくことを心から願っています。
/////
新元号は「令和」、万葉集から出典 「心寄せ合い、文化育つ」と首相


[東京 ] - 政府は1日、平成に代わる新たな元号を「令和(れいわ)」にすると発表した。現存する日本最古の歌集「万葉集」からの出典で、日本古典から採用したのは今回が初めて。安倍晋三首相は官邸内で記者会見し、「心を寄せあう中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と、新元号への想いを説明した。

新元号決定に伴い政府は元号を「令和」とする政令を定め、皇太子さまが天皇に即位する5月1日に改元する。

新元号「令和」の出典は万葉集で、政府によると、梅の花の歌の序文「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和らぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす』から引用した。

新元号は、大化(たいか)から平成まで1300年余りにおよぶ歴史のなかで248番目の元号となる。新元号の考案者は「(考案者みずからが)秘匿を希望している」(菅義偉官房長官)ことを理由に、公表を見送った。共同通信によると、新元号選定手続きに示された政府の元号原案は、新元号も含めて「6つ」だった。

新元号について、安倍首相は「人々が美しく、心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味」と、記者会見で説明した。

首相はまた「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい、との願いを込めた」ことも明らかにした。

新元号決定に先立ち、政府は有識者による「元号に関する懇談会」や衆参両院の正副議長、全閣僚らと事前の協議を重ねた。

有識者懇談会のメンバーはノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥京大教授ら9人[nL3N21J03H]で、山中教授は「初めて日本の古典から選ばれた。伝統を重んじると同時に、新しいものにチャレンジしていく、日本にぴったりの元号」と、官邸内で記者団に語った。

<地方の文化、時代を表現>

新元号に関し、専門家からは「21世紀の日本、世界にとって大事な価値を示している。前向きな明るい未来が展望できる良い元号」(京都産業大学名誉教授の所功氏)との指摘が出ている。


日本の古典から採用したことについても「日本の独自性という意味で万葉集は良かった」(東大史料編纂所教授の山本博文氏)との受け止めが多い。

万葉集を専門とする奈良大学文学部教授の上野誠氏は、「万葉集にある『令月』は、良い月、という意味をもつ。典拠となった万葉集の序文そのものは九州大宰府で生まれた歌で、地域も広い。地方の文化、地方の時代になるということを表したのではないか」と話した。

/////


<宮廷文化研究家(京都府教育庁文化財保護課)の吉野健一氏>

ら行で始まる元号は過去一例しかなく、非常にやさしい音を持つ元号との第一印象だ。また元号で令という漢字は過去に使われたことがなく驚いたが、美しい月という意味の「令月」が出展とのことだ。

従来の元号が中国の古典に依拠し、理想の状態や統治のあり方を示していた。これに対して、日本の古典・万葉集から採り、梅が咲いている宴との意味であるのは、非常に日本的だ。

<東大史料編纂所教授 山本博文氏>

日本の古典から採用するのであれば日本の独自性という意味で万葉集は良かった。従来の元号が政治的な理想や国家的な理想を示していたのに対し、良い感じ、雰囲気を意味する元号である点が新しい。「令」は漢文では「・・・させる」と言った使役動詞であるためこれまで元号に使われなかったが、日本語では「良い」「立派」という意味で、そこを重視したのだろう。

<りそな銀行 チーフ・マーケット・ストラテジスト 黒瀬浩一氏>


新元号の「令和」となった。「令」に前向きな意味があるということを知らなかった人も多いのではないか。今まで見向きされなかったものでも価値がある、ということを示したとも言える。

新元号の選定条件に、①国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ、②漢字2字、③書きやすい、④読みやすい、⑤過去の元号で使われていない、⑥俗用されていない、の6項目が挙げられていたが、このうち最も大事なのは①だ。

「明治」は明るく治める。振り返ると、植民地とならずに文明開化で頑張ったという良いイメージもあるが、続く時代は大いに正す、「大正」となった。逆に言うと、明治時代には相当誤りもあったということの裏返しでもあったと思われる。産業が発展して良い時代に見えても、実は格差が拡大して庶民の不満が蓄積した。それを大いに正す方向が大正デモクラシーだった。

この大正デモクラシーは実はポピュリズムと道床で、それが右傾化して「昭和」の時代で戦争に入っていった。戦争に負け、敗戦からの再建でバブル経済が生じ、そして迎えた「平成」。先日、天皇陛下が振り返られたように、近現代において初めて戦争を経験しない時代となったが、金融市場では長らくバブル崩壊の敗戦処理が続き、1人あたり国内総生産(GDP)や日本経済の国際的な地位も落ちた。

「令和」には「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味があるという。これから新元号と、それが持つ意味を、海外に向けて発信した方がいい。現在、米国をはじめ社会の分裂が深刻化してきているが、日本がどういう時代に向かうのか方向性を示せるからだ。

今年、日本では、新天皇即位、G20サミット、アフリカ開発会議、ラグビー・ワールドカップなど国家的イベントが目白押しだ。来年には東京オリンピック・パラリンピックもある。改元とともに、海外へ日本の社会や文化をアピールする場として大いに生かしてもらいたい。

<奈良大学文学部教授 上野誠氏>

元号は新たな時代に入った。中国を起源とした中国の皇帝制度から生まれた制度が、日本の制度のなかで息づいた。万葉集にある「令月」は、良い月、という意味をもつ。典拠となった万葉集の序文そのものは九州大宰府で生まれた歌で、地域も広い。地方の文化、地方の時代になるということを表したのではないか。良い月に、天気も良く、しかも梅の花が咲き、すべてが素晴らしい、穏やかな時代になってほしいとの願いが込められている。



<第一生命経済研究所 首席エコノミスト 熊野英生氏>

「令和」は新しい印象。これから間違いなく人口減少社会となるが、小粒でもきらりと光る、厳しい中でも独自性を出していく、という方向性を示したと受け止めている。

改元は一時的に需要を創出する効果がありそうだが、持続性があり範囲が広いと見込まれるのは、行事効果と記念日効果だ。皇室行事に併せて日本の歴史や文化が長時間紹介され、国民が歴史や伝統への関心を高めれば、間接的に日本文化を体感しやすい京都・奈良方面への国内旅行需要を喚起する。そうしたニーズを予想し、旅行会社やホテル・飲食店が事業拡大をするかもしれない。

また、新元号がスタートするタイミングで結婚、あるいは婚姻届を出すという人が増える効果にも注目している。人生の記念として、シンボリックな行事と自分のイベントを重ねたいという心理が記念日効果を生む。

ただ、経済効果はグロスとネットで考えなければならない。例えば10連休は、過去にとれなかった長期休暇を利用し、旅行でもしてみようと多くの消費者に思わせるだろう。旅行やレジャー、飲食やサービスなど特定分野の需要が伸びる可能性がある。一方、そこにお金をかけた分、衣料品や嗜好品など別の消費を削るかもしれない。消費性向がトータルで上がったかが重要だ。

<京都産業大学 名誉教授 所功氏>

万葉集から採られたのは意外な点もあるが、漢字を使って表現する日本の文化を示している。なかよく、やわらかくという意味であり、21世紀の日本、世界にとって大事な価値を示している。前向きな明るい未来が展望できる良い元号だ。

<社会学者・東洋大研究助手 鈴木洋仁氏>

日本の古典、万葉集から選らんだのは意外だが、初出の漢字「令」と頻出の漢字「和」を組み合わせたのは平成などを踏襲している。

「和」は昭和の和であり、読み方も昭和と似ているため、昭和へのノスタルジーがあるのかなと感じる。

護憲派の教授、川岸令和氏の名前と重なるが、政府として「令和」に護憲のイメージは付いていないと判断したと思われる。

/////
元号有識者懇「政府誘導なし」 令和、一番人気か

政府は1日、新元号決定の過程で有識者9人による「元号に関する懇談会」を開き、複数の案を示して意見を求めた。全員が発言し、新元号に決まった令和は「一番人気があった」(作家の林真理子さん)、「素晴らしいとの意見が多かった」(山中伸弥京都大教授)とされる。複数の有識者は終了後、政府が特定の元号案に誘導する場面はなかったと記者団に明らかにした。

 官邸で開かれた懇談会では、複数の元号案と出典が記された紙が配られた。有識者は順番に見解を述べた。新元号を発表する菅義偉官房長官の記者会見が終わるまで官邸に留め置かれた。令和に決定したことは発表まで知らされなかった。

/////
本当に万葉集だけが語源なのか?張衡「帰田賦」の「於是仲春令月 時和気清」

「令月」は漢籍にこのような典故があります。今回の万葉集の梅の歌は、後漢の詩人張衡の「田に帰る賦」にある「仲春令月、時和し気清し(仲春のよき月に、時は調和し気は清らかに澄んでいる)」に近いよう。


張衡(78~139)『帰田賦』の「仲春令月、時和気清」を挙げず、これを参照して作ったであろう8世紀の『万葉集』の「初春令月、気淑風和」だけを典拠として挙げたのは、官邸が中国の古典を出典から外したかったんだろうかな。

/////

@iwabun1927

新元号「令和」の出典、万葉集「初春の令月、気淑しく風和らぐ」ですが、『文選』の句を踏まえていることが、新日本古典文学大系『萬葉集(一)』https://www.iwanami.co.jp/book/b325128.html … の補注に指摘されています。
「「令月」は「仲春令月、時和し気清らかなり」(後漢・張衡「帰田賦・文選巻十五)」とある。」

/////

新元号「令和」、発表前に天皇陛下と皇太子さまに報告 / 元号有識者懇談会のメンバー発表 山中伸弥京都大教授ら9人


京都 <万葉集ブームの光と影:「令和」>考案者浮上に「何も知らない」 新元号、万葉集研究の中西進氏 /「令和」の元ネタは中国の古典なのに

<万葉集ブームの光と影「令和」> ロバート・キャンベル(日本文学研究者 VS 東京大学史料編纂所の本郷和人教授 (歴史学者)「(国書か漢籍か、超えた元号) VS (『令』が抱える3つの問題)」オマージュ?インスパイヤ?パロディ?パクリ?

新元号「令和」をめぐって:世界各地で話題 「ルーツは中国」(「令和」の典拠は、万葉集 VS「帰田賦(きでんのふ)」という詩)「コナン心配」
/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード