FC2ブログ

京都・上賀茂神社 「電気産業守り神」 原発事故収束、避難者祈る 3.11

京都・上賀茂神社 「電気産業守り神」 原発事故収束、避難者祈る 3.11

<平成30年の読むべき30冊?「書籍・思索の旅(好書好日)」>平成の30冊、1位に1Q84「平成は村上春樹の時代」

 東日本大震災発生から8年を迎えた11日、京都市内でも鎮魂や震災を風化させないという決意を込めた催しが開かれた。多くの市民が避難者の言葉に耳を傾け、春まだ浅い被災地に思いをはせた。
 京都市北区の上賀茂神社では、東北の復興と福島第1原発事故の終息を祈る祈願祭が営まれた。宮城屋福島県から京都に避難している人たちが、故郷への思いを胸に参拝した。
 同神社は賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)が祭神のため古来、落雷よけの信仰があり、次第に電気産業の守り神とされるようになった。震災後は毎朝、復興と事故収束の祈願を続けている。
 祈願祭は、京都への避難者を支援する「神主さんと京の社を巡ろうの会」が呼びかけ、毎年実施。今年は支援者を含め9人が参拝し、震災発生時刻の午後2時46分、本殿で黙礼した。
 福島県郡山市から京都市内へ自主避難している榊美子さん(66)は「故郷に帰りたいと思うが、原発事故が収束せず不安。避難した人も残った人にも悩みがある。少しでも復興が進みますように」と話していた。

/////
京都 京大で合格発表 一方ことしも出題ミスが… / 東京大学で合格発表(平成最後)、女子は約17% ホリエモンは


<観光公害?> 京都で日本人宿泊客の減少歯止めかからず 外国人客増加で混雑敬遠か、懸念強まる「京都離れ」
/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード