FC2ブログ

京都 上賀茂神社で七草粥 (白馬を見るとその年の邪気を払い、健康に過ごせる)/2019年の漢字、最多は「新」?

京都 上賀茂神社で七草粥(白馬を見るとその年の邪気を払い、健康に過ごせる)



1月7日のきょう、上賀茂神社では七草粥がふるまわれました。京都市北区の上賀茂神社では1月7日に白馬を見るとその年の邪気を払い、健康に過ごせるという中国の故事にちなんだ神事が行われ、大勢の参拝客が訪れました。また、きょうは七草の節句でもあり上賀茂神社の婦人会のメンバーが地元で採れた春の七草を使った七草粥を1杯500円で振る舞いました。きょうの京都市内の最低気温は0.9℃と冷え込みましたが、粥には神前に供えられた餅も入っていて、参拝者は無病息災を願いながら、白い湯気のあがる粥で体を温めていました。

/////

2019年の漢字、最多は「新」 改元や時代転換を反映



2019年に対する期待や予想を表す漢字1字を京都新聞社が無料通信アプリのLINEや街頭などで尋ねたところ、最も多かったのは「新」だった。天皇退位に伴う改元や時代の転換点が理由に挙がった。2番目は「和」だった。
 「新」を選んだ人は9人いた。「元号が変わるから」(左京区の61歳女性教員)、「新しい時代が始まる」(山科区の62歳男性会社員)「子どもが小学生になるし、自分も仕事の幅を広げたいから」(大津市の36歳女性パート従業員)といった理由が挙がった。
 「和」は8人が選んだ。「平和な年になってほしい」(右京区の56歳男性会社員)、「国際問題が増えている。世界の国々が協調性を見せてほしい」(西京区の71歳男性会社役員)などの願いが聞かれた。3番目は「希」と「幸」が7人で同数だった。「希」は「18年の『今年の漢字』が『災』だったから良い年になるように」(左京区の77歳主婦)、「幸」は「みんなが幸せな年であってほしい」(右京区の8歳男児)といった意見が寄せられた。
 街頭では切実な声も聞かれた。求職活動中という発達障害の男性(42)=上京区=は「済」を選び、「中央省庁でも起きた障害者の雇用問題の解決を済ませてほしい。障害者が健常者と同じように働ける社会にしてもらいたい」と望んだ。「苦」と答えたアルバイト男性(72)=下京区=は「年金が下がったし、消費税も上がるといわれている。生活は苦しくなるばかりだ」と嘆いた。
/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード