FC2ブログ

京都 上賀茂 【葵祭】平成最後の斎王代・坂下さん、母は昭和最後の斎王代…大役果たし「京都はすばらしい所と誇り」

京都 上賀茂 【葵祭】平成最後の斎王代・坂下さん、母は昭和最後の斎王代…大役果たし「京都はすばらしい所と誇り」

 15日に開催された葵祭。京都市内の最高気温が30・4度という真夏日の中、沿道には約5万1千人(府警調べ)が詰め掛け、古都を彩る平安絵巻に魅了された。行列では、斎王代が「平成最後」の大役を務め、念願かなった最年少参加者や姉妹の女官役らが花を添えた。

 ヒロインの第63代斎王代を務めた京都市左京区の会社員、坂下志保さん(23)。「天候にも恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で語り、腰輿(およよ)に乗り込んだ。

 「ご縁の不思議さ、大切さを感じています」。昭和最後の斎王代だった母の美保さん(55)に続き、平成最後の斎王代として臨んだ。重さ20キロにもなる十二単(じゅうにひとえ)姿に「重くて暑いですが、これも伝統の重みと思ってがんばりたい」と表情を引き締めた。

 「自分のときよりも緊張している」と話す美保さんと、父の隆一さん(62)が手を振って見送ると、うなずき返して京都御所を出発。今季最高の暑さの中で大役を果たした。

 約8キロの道のりを経て午後には上賀茂神社に到着。「御所を出発して下鴨、上賀茂両神社と、神聖な場所で儀式ができ、京都ってすばらしい場所だとさらに誇りに思えた」とほほえんだ。

「留学先で日本文化伝えたい」姉妹で女官役

 京都市内で15日に行われた葵祭に食事をつかさどる女官「女嬬(にょじゅ)」として参加した井手町の森島凛(りん)さん(18)、慧(さと)さん(16)姉妹。伝統ある葵祭への姉妹そろっての参加に「とても光栄なこと」と口をそろえた。

 凛さんは古代エジプト文明など歴史や文化に興味があり、「昔から途切れることなく続いてきた葵祭に関心があった。歴史ある行事に恥じないようにしたい」と気を引き締めた。

 高校2年の慧さんは、祭り後にオーストラリアに3カ月間留学することが決まっている。この日、母の恵子さん(52)には「めったにない機会だから楽しんでおいで」と送り出されたといい、「日本の伝統行事に参加できて本当にうれしい。この経験をオーストラリアで話そうと思っています」と笑顔を見せた。

念願の童女 最年少の小2平野聖さん

 京都市内で15日に行われた葵祭に童女(わらわめ)役で参加した京都市山科区の小学2年、平野聖(たから)さん(7)は、平成26年に同じく童女役を務めた姉の凛(りん)さん(11)に続く参列となった。

 凛さんの参列を見て「お姉ちゃんの着物姿がきれい。私もやりたい」と話していた聖さん。参列が決まり、凛さんからは「参列中に声をかけられたら笑顔で応えるように」とアドバイスされたという。

 願いがかなった聖さんは今回の最年少参加者。鮮やかな赤の衣装に身を包み、「笑顔で最後まで頑張りたい」とはにかんだ。

/////

<葵祭>華麗に きらびやか平安装束 強い日差し、太陽も演出


 京都三大祭りの一つ「葵祭」が15日、京都市で開かれた。強い日差しの下、平安時代のきらびやかな装束に身を包んだ約500人の行列が御所から下鴨・上賀茂両神社までの道のりを練り歩いた。古式ゆかしい一幕に、沿道に集まった約5万1000人(午後3時半現在、府警発表)の観客らから歓声と共にため息も聞かれた。

 ◇「感謝の気持ちで」斎王代・坂下志保さん

 平成最後の斎王代は同市左京区の会社員、坂下志保さん(23)。今年最高の30・4度を記録する真夏日となったが、涼やかな表情で十二ひとえをまとい「暑いけれど、これも伝統の重み。天気に恵まれ、感謝の気持ちで一杯です。(沿道の見物客には)日常を忘れて1000年の歴史の香りを楽しんでほしい」と話した。

 母美保さん(55)も30年前に昭和最後の斎王代を務めた。この日志保さんが身につけたつげ櫛(ぐし)などは美保さんが使用したものといい、「不思議なご縁を感じる。自分の時よりもどきどきします」と娘の晴れ姿をうれしそうに見守った。

 ◇化粧方は90歳・南さん

 戦後、女人列が斎王代行列として復活した1956年から祭に携わる有職美容師の南登美子さん(90)は今年も斎王代の化粧方を務めた。

 斎王代の坂下志保さんは幼少からのお客さんで、七つ参りや十三参りの際の支度も調えたといい「ご縁があるんですね」と感慨深げ。節目節目で成長を見守ってきた坂下さんの姿に「きれいですなあ」と喜んでいた。

 ◇騎女 重み実感 さくらさん、葵さん姉妹

 騎女(むなのりおんな)を務めた北川さくらさん(18)と葵さん(15)の姉妹は共に京都女子高校に通う生徒。さくらさんは出発前、装束を整えてもらった姿をSNSで友人に送った。「誰か分からん」とちゃかされつつも「頑張ってきて」と励まされたという。「衣装の重さに、参加している実感が湧いてきました。光栄です」とはにかんだ。

 祭と同じ名前の葵さんは「太陽に向かって開く葵のように、いつでも上を向いて生きていけるようにとつけてくれた名前です。今日も楽しみたい」と話した。

 ◇文化庁職員ら、今年も雑色役

 文化庁地域文化創生本部のスタッフも昨年に続いて雑色(ぞうしき)役で参加した。今年は文化庁出身の係長級職員、山田隆志さん(41)と和歌山県から派遣の1人、民間出身の2人の男性計4人が府職員6人と共に、平安装束に足袋とわらじ姿で歩いた。

 昨年7月の祇園祭の前祭でも四条傘鉾の巡行に加わったという山田さんは「ぜひ葵祭も体験したい」と志願しての初参加。「衣装がよく手入れされている」と感心しながら「衣装の保存や着付けなど携わる皆さんのご苦労がよく分かりました。本当に暮らしにとけ込み地域の文化に根ざした祭りですね」と感激していた。

 ◇最年少7歳、姉に続いて

 童女(わらわめ)を務めた平野聖(たから)さん(7)=京都市山科区、市立小野小2年=は行列で最年少。姉凛さん(11)も4年前に童女として参加した。学校でのドッジボールや漢字の勉強が好きという聖さんは「衣装は重くて暑いけど、この色は好き。朝はおばあちゃんのおにぎりを食べた。がんばって歩きたい」と話していた。

 ◇女優の羽田さん、社頭の儀に参列

 下鴨神社で行われた「社頭(しゃとう)の儀」では女優の羽田美智子さん=写真・川平撮影=が参列者代表として参拝した。糺(ただす)の森をイメージした緑の帯と、葵の模様が入ったかんざしを挿した着物姿。神事の後の取材に「地球全体の安全、安泰を祈願しました。映画やドラマの撮影よりはるかに重責で緊張しました」と話した。

/////

京都三大祭の一つ「葵祭」鮮やかに彩るフタバアオイ献上 福井県鯖江市から上賀茂神社へ

乗馬発祥の地で「競馬」勇ましく 京都・上賀茂神社

斎王代が身を清める「御禊の儀」 京都 上賀茂神社・葵祭

京都 葵祭へ馬場疾走 上賀茂神社で足汰式

葵祭のフタバアオイ植える 京都・上賀茂神社で市民ら

京都 葵祭 斎王代 上賀茂神社を参拝

京都・葵祭 平成最後の斎王代、伝統噛みしめ 今年初の真夏日 (上賀茂神社(北区)と下鴨神社(左京区)の例祭)

TOEICスコアの目安・日常生活やビジネスでできること (990点を目指して「樫の実勉強法」の基礎)




/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード