FC2ブログ

京都 上賀茂神社 横綱・稀勢の里が奉納の土俵入り

京都 上賀茂神社 横綱・稀勢の里が奉納の土俵入り

京都の世界遺産・上賀茂神社で、横綱・稀勢の里が奉納の土俵入りをしました。

上賀茂神社では式年遷宮を祝うため、地方巡業の大相撲京都場所の日に合わせて、横綱が参拝に訪れます。15日は、今年2月に横綱に昇進した稀勢の里が参拝。小雨の降る中、綱を締めた稀勢の里が拍子木に合わせて土俵入りすると、集まった観客からは歓声が上がりました。上賀茂神社では、相撲にちなんだ行事も開かれるなど相撲とのゆかりが深く、集まったファンらで盛り上がりを見せていました。



//////

白鵬、稀勢ら会場沸かす 大相撲京都場所

 地方巡業の一環である大相撲京都場所が15日、島津アリーナ京都で行われた。満員御礼となる約7千人が、力士の激しい取り組みに歓声を上げた。

 今回で4年連続の開催となった。秋場所を全休した白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱の取り組みもあり、鶴竜は大関豪栄道を寄り切りで破った。結びの一番では稀勢の里が白鵬に押し出しで勝ち、観衆を沸かせた。取り組みのなかった日馬富士は土俵入りに参加し、4横綱そろい踏みで堂々と土俵を踏んだ。

 幕下まではトーナメント戦で力を競った。幕下の千代栄(福知山市出身)は準決勝でよ寄り切りで敗れた。三段目は今福(南丹市出身)が寄り切り、序二段は北勝芯(八幡市出身)が押し出しで決勝を制した。

 小中学生や大学生が関取に挑む「子どもの稽古」や相撲甚句、決まり手や禁じ手を面白おかしく紹介する「初(しょ)っ切(き)り」などさまざまな催しで盛り上がった。また、上賀茂神社では稀勢の里が奉納土俵入りを行った。
//////



稀勢の里、京都市上賀茂神社で奉納土俵入り「非常にエネルギーを感じた」

 大相撲の横綱・稀勢の里(31)=田子ノ浦=が15日、京都市の上賀茂神社で奉納土俵入りを行った。小雨の中、円すい形の「立砂(たてすな)」2つの前で雲竜型を披露。稀勢の里自ら、「大事な土俵入り。由緒正しいとこですから」と気合を入れて臨み、観客から大きな拍手を浴びた。

 1940年には神格化されている横綱・双葉山も土俵入りした上賀茂神社は世界遺産に登録されている。今回の土俵入りは21年に一度の「式年遷宮」を祝う行事の一環で、2015年に鶴竜(井筒)、16年に日馬富士(伊勢ケ浜)、今年2月には白鵬(宮城野)も同じ場所で行っており、これで4横綱での土俵入りが「完結」したことになる。

 稀勢の里は前日には早く床について体調を整えたというほどの徹底ぶりで、「非常にエネルギーを感じた。呼んでもらえるのは光栄ですしね」と満足げ。パワースポットとしても知られている神社で、3場所連続休場からの復活に向けて力を蓄えた様子だった。

//////
清少納言の衣装に伝統の技 京都・時代祭

 京都市で10月22日に行われる時代祭に向けて新調された清少納言の衣装に、伝統的な装飾加工法「板引(いたびき)」が採用されている。糊(のり)を使って生地に光沢や張りを出す技術で、時代祭の衣装に施されるのは27年ぶり。祭りを運営する平安講社は「失われかけていた先人の技が、時代祭で再現されたことは非常に喜ばしい」とする。

 板引は、鎌倉期に成立したとされる装束の加工技法。漆塗りの板に椿(つばき)油と蝋(ろう)、糊を薄く塗り、その上に生地を置いて一晩乾かすと、樹脂でコーティングしたようなつやと張りが出る。高貴な印象につながるとされたことから、宮中儀礼や貴族の衣装に盛んに取り入れられた。大正期まで続いたが、関東大震災以降、華美な装飾を自粛する風潮が強まり注文が減少、次第に行われなくなったという。

 今回、衣装の調進を受注した伝統服飾工芸協同組合に加盟する黒田装束店(京都市中京区)の装束司黒田知子(ちかこ)さん(53)が研究を重ね、技を再現した。

 黒田さんが板引を知ったのは15年ほど前。先代当主からは技を継承しておらず、史料も残っていない。大正期の装束に関する新聞記事や写真を集め、油や糊の種類、分量、加工の作業工程を特定していった。「現存する大正期の皇族の装束を見たら、板引の輝きが本当に美しくて。この技を失わせてはいけないという一心でした」

 板引は、作業期間が梅雨明けから秋口までの3〜4カ月に限定される。糊の定着が気温・湿度に強く影響されるためで、雨の日は中断。毎日少しずつ材料や配合を変えて試作を繰り返し、ようやく昨年から仕上がりの精度が安定してきた。伝統衣装に詳しい服飾文化史の研究者に見せたところ、「明治神宮などに残る大正期の宮廷装束と比べても光沢などが見劣りしない。古来の方式を再現できたと言えるのではないか」と評価されたこともあり、時代祭の衣装調進に取り入れることを決めたという。

 板引が施されているのは、清少納言の衣装の最も外側にあたる唐衣(からぎぬ)とその下に着る打衣(うちぎぬ)の襟など。腰に着ける裳(も)の飾りひもにも用いており、着る人の動きに合わせて優美にきらめく。黒田さんは「絹布の織り方や糸の種類によって糊の配合量を微妙に変えなければならない難しさがある。全ての布に対応できるよう、これからも研さんを重ねたい」と話している。

//////

福山哲郎参議院議員(京都選出)が民進党を離党、立憲民主党へ入党を会見で発表!衆院への鞍替えは否定――「できて間もない政党に言われる筋合いない!」と希望の党の「踏み絵」を痛烈批判!

//////
京都 <2017衆院選>公示 12日間の激戦始まる 京都決戦に23人出馬

立憲民主党、幹事長に 京都 福山哲郎氏


希望の党vs立憲民主党 経済、原発政策はどう違う?  京都 立憲民主党 福山哲郎氏など

京都 <2017衆院選>公示、準備着々 立候補予定者ら、事務所開きや討論会 高まる決戦ムード


立憲民主が公約発表 「憲法9条改悪に反対」 京都 福山哲郎幹事長


京都 前原氏が「希望の党」合流の経緯をTwitterで説明 /立憲民主、崖っぷち一転 SNSフォロワー数で自民抜く


民進・福山哲郎参院議員が離党し、立憲民主党へ 「安保法制に賛成しろといわれる筋合いない」 希望の党に不快感

民進党分裂が決定 枝野幸男代表代行が午後5時から記者会見、新党結成を表明へ

iPhone Android で命を守れ!、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)


スマホの情報で「命」を守れ! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新)


弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) スマホで情報 取得編


京都 「伝説のディスコ」祇園マハラジャ復活 (約21年ぶりに再オープン) 忍者や舞妓のプログラムも
//////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード