FC2ブログ

京都三大祭り、葵祭始まる 王朝絵巻さながら優雅な行列

京都三大祭り、葵祭始まる 王朝絵巻さながら優雅な行列



 京都三大祭りの一つ、葵祭(あおいまつり)が15日、京都市内で始まった。フタバアオイの葉を頭や胸に飾り、平安装束に身を包んだ男女約500人と藤(ふじ)の花を飾り付けた牛車(ぎっしゃ)などが午前10時半、京都御所(京都市上京区)を出発。王朝絵巻さながらの優雅な行列は、下鴨神社(左京区)を経て上賀茂神社(北区)へ向かう約8キロを練り歩いた。

 祭りのヒロイン・斎王代(さいおうだい)を務める同志社大2年、富田紗代さん(19)=左京区=が十二単(ひとえ)姿で、腰輿(およよ)と呼ばれる輿(こし)に乗って現れると、沿道に詰めかけた観客がさかんにカメラのシャッターを切っていた。

 葵祭は約1400年前、凶作が続くなか、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願したのが始まりとされる。

/////

サバ背負い「鯖街道」走る 京都、77キロウルトラマラソン 賀茂大橋西詰

葵祭 献茶で締める ◇下鴨神社 小川流七代家元が奉納

京都 <家電ANALYSYS>ポケモンGOの新モデルが本格始動、頭打ちのスマホゲーム市場に挑む

北近畿(京都) つないでPR…JR天空の城号・丹鉄くろまつ号

/////
葵祭、風薫る京都に王朝絵巻


 京都三大祭りのトップを飾る葵祭が15日、風薫る京都市内で行われ、平安王朝の装束を身に着けた約500人の行列が都大路をしずしずと進んだ。沿道を埋めた大勢の見物客は、優雅に進む王朝絵巻のような行列を見守った。

 葵祭は下鴨、上賀茂両神社の例祭で、正式には「賀茂祭」という。フタバアオイと桂を装束や牛車(ぎっしゃ)などに挿すことから葵祭と呼ばれるようになった。起源は6世紀にさかのぼるといわれる。「源氏物語」の車争いの場面でも知られる。

 午前10時半ごろ、薄曇りの中を、全長約800メートルの行列は京都御所建礼門前(上京区)を出発した。銀面をつけた馬に乗った本来の主役近衛使(このえづかい)代を中心とした本列は、神への供え物を運んだ。1956年に創設された華やかな女人列は、十二単(ひとえ)姿の第62代斎王代富田紗代さん(19)を乗せた腰輿(およよ)を中心に、童女(わらわめ)や女官の内侍(ないし)、馬に乗る騎女(むなのりおんな)らを従えて進んだ。藤の花を揺らしてギシギシと車輪をきしませる牛車が見物客の視線を集めた。

 午前10時半の気温は24・9度(京都地方気象台調べ)で、人出は1万6千人(京都府警調べ)。日曜日の開催だった昨年の同時刻に比べて1万8500人少なかった。

 正午前、行列は下鴨神社に到着。新緑がまぶしい糺の森を抜けて本殿に向かい、社頭の儀に臨んだ。午後2時20分に上賀茂神社に向けて出発する。

//////
京都で葵祭、平安装束で新緑の都大路を練り歩く


 京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市内で行われ、ヒロインの 斎王代 さいおうだいら平安装束の約510人が新緑の都大路を練り歩いた。

 下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)の例祭で、五穀 豊穣 ほうじょうなどを願う。行列は京都御所(上京区)を出発し、下鴨神社を経由して上賀茂神社までの約8キロを歩く。十二 単 ひとえをまとった第62代斎王代の同志社大2年富田紗代さん(19)は「平安時代のお姫様になった気分。笑顔を多くの人に振りまきたい」と 腰輿 およよに乗り込み、午前10時半に御所を出発した。

 行列には、文化庁の全面的移転に向けて4月に発足した「地域文化創生本部」(東山区)の職員3人も初参加。山口壮八さん(48)は「東京では外からしか祭りを見る機会がなかった。運営面など参加してわかることもあり、今後の仕事にも生かしたい」と話した。


//////

<葵祭>宮廷装束の500人練り歩く 沿道から歓声 京都

 京都三大祭りの一つ、葵祭が15日午前、京都市内で始まった。宮廷装束に身を包んだ約500人の行列が都大路を練り歩き、約1万6000人(午前10時半現在、京都府警発表)がみやびやかな王朝絵巻を楽しんだ。世界遺産の下鴨神社(同市左京区)と上賀茂神社(同市北区)の例祭。1400年以上前、激しい風雨を鎮め、五穀豊穣(ほうじょう)を祈ったのが起源とされる。

 行列は午前10時半に京都御所(同市上京区)を出発し、両神社を巡る約8キロの道のりを進んだ。藤の花で飾られた牛車が動くと、車の音が響いた。

 祭りのヒロイン・斎王代(さいおうだい)は同志社大2年、富田紗代さん(19)=京都市左京区。祭りのシンボル「フタバアオイ」を頭に付け、十二ひとえ姿で「腰輿(およよ)」と呼ばれる輿(こし)に乗って登場すると、沿道から歓声が上がった。
/////

【京都】葵祭

京都三大祭の一つ、葵祭があり、平安貴族の衣装を身にまとった優雅な行列を見ようと、沿道には多くの観客が集まりました。

午前10時半、平安王朝の装束を身に着けたおよそ500人の行列が、京都御所を出発しました。葵祭は、およそ1400年前に五穀豊穣を祈ったのが始まりとされ、装束や牛車などを葵の葉で飾るのが特徴で、祇園祭・時代祭と並び、京都三大祭の一つです。祭のヒロイン・斎王代を務めるのは、同志社大学2年生の富田紗代さん。「腰輿(およよ)」と呼ばれる神輿に乗って優雅に進みます。行列は下鴨神社を経て、上賀茂神社までのおよそ8キロの道のりを練り歩きます。

//////

京都 斎王代「常に笑顔心がけ」・・・葵祭


 京都三大祭りのトップを飾る葵祭が15日、京都市内で行われた。ヒロインの斎王代さいおうだいを始め、シンボルのフタバアオイを頭や胸にあしらった時代装束姿の約510人が目抜き通りをゆっくりと進み、大勢の見物客を平安絵巻の世界へいざなった。



 ◇富田さん、2人の姉も女官役

 「沿道から励ましの言葉をたくさんもらい、元気づけられました」。第62代斎王代を務めた同志社大2年の富田紗代さん(19)(左京区)は巡行を終えると、口元に笑みをたたえた。

 タップダンスが趣味の富田さん。重さが10キロ以上もある十二単ひとえをまとって狭い腰輿およよに乗り、「暑くて足も痛く大変でしたが、体力には自信があり、何とか乗り切れました」と話した。

 姉の絢あや子さん(24)、雅子さん(21)も斎王代列に加わり、女官役としてサポートした。富田さんは「心強かった。常に笑顔でいることを心がけ、楽しめました」と安心した表情を見せた。


 ◇社頭の儀、女優・土村さん参拝

 下鴨神社で行われた社頭の儀では、京都造形芸術大(左京区)出身の女優土村芳かほさん(26)が、一般参列者の代表として本殿に向かって一礼した。「緊張しましたが、長い歴史を持つ祭りに参列でき、光栄でした」

 盛岡市出身の土村さんは、同大学俳優コースで学んだ。在学中は映画の制作にも関わり、撮影で境内の糺ただすの森を何度も訪れたという。「久しぶりの参拝。神様にお礼をするつもりで(神事に)臨みました。行列のみなさんはきれいで、次は沿道から眺めてみたい」と笑った。

//////

斎王代、支える姉と笑顔で 京都・葵祭に三姉妹参列


 15日、京都市内で行われた葵祭。沿道の若葉が緑をあやなす都大路を、平安朝の風雅な装束に身を包んだ一行が進んだ。十二単(ひとえ)の斎王代は、女人列に加わる2人の姉とともに、笑顔で下鴨神社(左京区)へ向かった。

 「姉が、がんばれと声を掛けてくれました。そばにいてくれるのでとても心強い」。第62代斎王代の同志社大2年富田紗代さん(19)=左京区=は、京都御所(上京区)で、穏やかな表情で腰輿(およよ)に乗り込んだ。長姉絢子さん(24)は内侍で、次姉雅子さん(21)も命婦(みょうぶ)で参列した。

 葵祭行列保存会の猪熊兼勝会長(79)は「3姉妹での参列は珍しい。1956年の斎王代列創設以降、初めてではないか」と話す。

 父謙一郎さん(55)=不動産賃貸会社「冨士興業」専務=によると、年齢の近い3人は幼少期から仲が良く、末っ子の紗代さんは、2人の姉の影響を受けて育ったという。3姉妹ともダンスを得意とし、姉2人は創作舞踊やヒップホップダンス、紗代さんは、タップダンスを続ける。

 2013年、長姉絢子さんが命婦で葵祭に参列。その姿を見た紗代さんは「いつか女人列に出たい」とあこがれを抱いたという。そして自身が斎王代に。「信じられない気持ちとうれしさでいっぱいだった」と振り返る。

 京都御所を出発する前、腰輿の前で3姉妹がそろった。絢子さん、雅子さんはともに「3人で参列できてうれしい」と話した。紗代さんは「朝、姉から顔が緊張でこわばっている、と言われました。多くの人が見てくださるので笑顔で務めたい」と述べ、御所を後にした。

/////
参考


【速報】葵祭、予定通り実施を決定  (下鴨神社(左京区) と 上賀茂神社(北区))




京都で「葵祭」間もなく 天候不良で打ち切りや順延あり、5月15日の予報は



京都 上賀茂神社 一覧



京都 下鴨神社 一覧


//////
京都 <葵祭>新緑の中 王朝絵巻、目前に


 王朝絵巻を一目見ようと、約5万人が訪れた葵祭。京都市は15日、26・8度と6月上旬並みの最高気温を記録したが、時折、心地よい風が吹く中、総勢約500人の行列は、新緑の「糺(ただす)の森」や加茂街道など約8キロの道のりを練り歩いた。下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)では、神前で厳かに「社頭の儀」が営まれた。

 ◇大役にこやかに務め 斎王代・富田さん

 祭りのヒロイン・斎王代(さいおうだい)は、同志社大2年、富田紗代さん(19)=京都市左京区=が務め、終始にこやかに大役に臨んだ。

 三人姉妹の末っ子。女人列には、姉の絢子さん(24)が内侍(ないし)、雅子さん(21)が命婦(みょうぶ)として加わり、富田さんを見守った。緊張気味の富田さんを「顔こわいで」と和ませたという。

 「腰輿(およよ)」と呼ばれる輿に乗り込むと、父謙一郎さん(55)から「暑いけど頑張りや」と優しく声をかけられた。富田さんは「平安時代のお姫様になったみたい。見ている人が笑顔になるよう頑張ります」と晴れやかに出発した。

 ◇化粧、曽祖母の手で 童女役・井上さん、4世代で参加

 童女(わらわめ)役で参加した井上心渚美(みなみ)さん(7)=名古屋市立大高南小1年=は、斎王代列化粧方として参加した曽祖母の山中恵美子さん(87)=京都市東山区=に化粧を整えてもらい、晴れ舞台に臨んだ。山中さんは舞妓(まいこ)らに髪結いや化粧を施す現役の髪結師。井上さんの母久美子さん(36)と、祖母森岡喜美子さん(61)=大津市=も、かつて童女役で参加し、山中さんに化粧をしてもらった。4世代で葵祭に参加することとなり、山中さんは「私が元気なうちに実現して良かった」と喜んだ。

 森岡さんは「沿道で見物する人には、そこで見た葵祭が一生の思い出になる。疲れるだろうが、最後までまっすぐ前を向いて、笑顔を忘れず歩くのが大事」とアドバイス。井上さんは「ドキドキしている。最後まで頑張る」とはにかんでいた。

 ◇女優の土村さん、社頭の儀に参列

 下鴨神社で執り行われた「社頭の儀」には、NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演した女優の土村芳(かほ)さん=写真、小松雄介撮影=も参列した。

 岩手県出身の土村さんは、京都造形芸術大在学中に京都に住み、「糺の森」を訪れることもあった。2013年6月には下鴨神社で出演作品「弥勒MIROKU」が上映された。神事の後、取材陣に「以前上映した際のお礼もかねてお参りをした」と話していた。

 ◇“双子女官”あでやか

 双子で行列に参加した京都聖母学院高1年の櫻井菜々子さん(15)と花菜子さん(15)は、食事や掃除などをつかさどる女官・女嬬(にょじゅ)役を務めた。鮮やかな衣装に身を包み、妹の花菜子さんは「この色、好きです」とにっこり。午前4時に起き、しっかり歩けるようにと、朝食に餅を食べた。

 2011年にも童女(わらわめ)役をした。今回は祭りの関係者から再び声がかかり、「久しぶりにやってみよう」と参加を決めたという。

 学校ではどちらも吹奏楽部に属し、菜々子さんはチューバ、花菜子さんはファゴットの練習に励んでいる。2人は「童女役以後は葵祭を見ていなかったが、今年は参加者としてしっかり自分たちの役を務めたい」と笑顔で話していた。

 ◇文化庁の職員、雑色役で登場

 京都移転準備を進めるため今年4月に発足した文化庁地域文化創生本部の職員3人も、雑色(ぞうしき)役で葵祭に参加した。平安装束に足袋とわらじの慣れない姿だったが、「見物客に喜んでもらおう」と、最後まで背筋を伸ばして歩ききった。

 暮らしの文化・アートグループリーダーの山口壮八さん(48)は「観光行事ではなく、たくさんの人が支える地域に根ざした祭りだと実感した。関西には他にも伝統的な祭りが多い。地域に寄り添う意識を持って、仕事をしていきたい」と、気持ちを新たにしていた。



//////

女優の土村芳さん、振り袖姿で一礼 葵祭「社頭の儀」に参列 


京都造形芸術大卒業の女優土村芳(かほ)さん(26)が下鴨神社(左京区)で行われた神事「社頭の儀」に参列した。この日のために選んだという振り袖に身を包み、参列者代表として、舞殿の前まで進んで深く一礼した。

 2013年に主演映画の上映会を神社境内で行った土村さんは「久しぶりに京都に来ることができてよかった。参列者代表ということで緊張したが、ゆっくり丁寧に一礼させていただいた」と語った。さらに「今度はぜひ、葵祭の行列全体を見てみたい」とほほ笑んだ。


葵祭の無事と家元襲名を奉告 京都・下鴨神社で献茶祭
//////

2020年改憲「十分可能」 自民・下村氏 民進・福山氏 批判
//////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード