FC2ブログ

京都 葵祭を前に御蔭祭 (上賀茂神社 と 下鴨神社)

京都 葵祭を前に御蔭祭 (上賀茂神社 と 下鴨神社)


 世界遺産の下鴨神社(左京区)などで12日、祭神の若返りを願って新しく生まれた神霊を迎える「御蔭祭(みかげまつり)」があった。

 15日に開かれる京都三大祭りの一つ、葵祭(あおいまつり)を前に行われる神事。冠や烏帽子(えぼし)にフタバアオイの葉をつけた神職や氏子らがこの日朝、下鴨神社を出発。約4キロ北東の御蔭山にある御蔭神社で、新たに生まれた神霊「荒御魂(あらみたま)」を迎える神事を行った後、再び下鴨神社へ。その後、新緑に包まれた境内の「糺(ただす)の森」で、舞楽「東游(あずまあそび)」を奉納した。
/////
新たな神霊に雅やかな舞 京都・下鴨神社で御蔭祭


 葵祭に先立ち、比叡山ふもとの御蔭(みかげ)神社(京都市左京区)から、新しく生まれた祭神の神霊を迎える御蔭祭が12日、左京区の下鴨神社などで行われた。糺の森では雅楽や歌に乗せて舞う「東游(あずまあそび)」が披露された。

 午前10時半すぎ、御蔭神社で神職が神事を行い、真新しい神霊を櫃(ひつ)に移した。神職や参列者約200人が、下鴨本通などを練り歩き午後4時ごろ下鴨神社に戻った。

 糺の森に設けられた「切芝」と呼ばれる祭場では、和琴(わごん)やひちりきなどの演奏に合わせ、おおらかな古代歌謡が歌われた。神霊を運ぶ神馬(しんめ)の前で、舞人(まいびと)6人がゆったりと舞った。

 観覧所に張られた幕の間から顔をのぞかせて歌舞に見入る神馬の愛らしい様子を、境内に集まった大勢の参拝者が見守っていた。
//////
参考

京都  五穀豊穣祈る「賀茂競馬」 上賀茂神社に2万人

葵祭・斎王代、「御禊の儀」みやびやかに 京都・下神神社


京都 上賀茂神社 関連

京都 下鴨神社 関連


京都で「葵祭」間もなく 天候不良で打ち切りや順延あり、5月15日の予報は
//////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード