FC2ブログ

京都  葵祭のヒロイン「斎王代」御禊の儀 斎王代の19歳、心身清める

京都  葵祭のヒロイン「斎王代」御禊の儀 斎王代の19歳、心身清める


京都三大祭りの一つ、葵祭を15日に控え、ヒロインの「斎王代」が身を清める「御禊の儀」が下鴨神社で催されました。

今年の葵祭で第62代の「斎王代」を務める同志社大学2年の富田紗代さん(19)は、色鮮やかな十二単姿で女官たちを随えて登場。下鴨神社の境内を流れる御手洗川の手前でお払いを受けた後、川にそっと両手を浸して、葵祭の無事を祈りました。「御禊の儀」は「斎王」が身を清め、神社に仕えたという故事にちなむ神事です。見物客は、十二単が水面に映える雅な情景に見入っていました。葵祭は今月15日で、500人が平安衣装を身に纏って練り歩き、京の街に王朝絵巻を繰り広げます。


/////

十二単の斎王代、御手川で身清め 京都・葵祭「御禊の儀」

京都三大祭りの一つ、葵祭(15日)を前に、ヒロインの斎王代や女官の女性らが身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の下鴨神社で行われた。第62代斎王代の同志社大2年富田紗代さん(19)は華やかな十二単(ひとえ)姿で、境内を流れる御手洗川(みたらしがわ)に手を浸し、身を清めた。

/////

京都で「葵祭」間もなく 天候不良で打ち切りや順延あり、5月15日の予報は

葵祭・斎王代、「御禊の儀」みやびやかに 京都・下神神社



葵祭の「斎王代」が祭りを前に身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の下鴨神社で営まれた。五月晴れの陽光を受けて水面がきらめく御手洗(みたらし)川に、十二単(ひとえ)姿の斎王代がゆっくりと手をつけた。

 午前10時20分、斎王代の富田紗代さん(19)=左京区=や女人列に参加する女性たち約50人が、雅楽の音に合わせてしずしずと楼門(重要文化財)をくぐり、境内北東の祭場に進んだ。

 神職のおはらいを受けた富田さんは童女4人を従えて岸まで進み、両手を合わせて約20秒間、水に手を浸した。祭場の周囲には多くの参拝者が集まり、斎王代のみやびやかな一挙一動に見入っていた。

 終了後、富田さんは「ビデオを見て何度も(御禊の儀の)動作を確認しました。祭り当日が近づいてきたのを実感しています」と述べた。

 御禊の儀は1956年から下鴨、上賀茂両神社で1年ごとに行われている。

/////

<京都・下鴨神社>「御禊の儀」斎王代の19歳、心身清める

 京都三大祭りの一つ、葵(あおい)祭(15日)を前に、ヒロインの「斎王代(さいおうだい)」が身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の世界遺産・下鴨神社であった。第62代斎王代を務める同志社大2年、富田紗代さん(19)が川に両手を浸して心身を清めた。

 下鴨神社と上賀茂神社(同市北区)で毎年交代に営まれている。多くの参拝客らが見守る中、十二ひとえ姿の富田さんは約50人の「女人列」とともに境内の御手洗(みたらし)川で神事に臨んだ。

 富田さんは「平安時代にタイムスリップしたような気持ち。水は冷たく、心がひきしまりました」と話していた。


/////

京都 下鴨神社 流鏑馬神事

京都 上賀茂神社 関連

京都 下鴨神社 関連

京都で「葵祭」間もなく 天候不良で打ち切りや順延あり、5月15日の予報は

/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード