FC2ブログ

京都 上賀茂神社で「葵サミット」 フタバアオイ育てる小学生らテレビ会議システムで交流

京都 上賀茂神社で「葵サミット」 フタバアオイ育てる小学生らテレビ会議システムで交流


 賀茂別雷神社(上賀茂神社・京都市北区)で11月5日、フタバアオイを育てる小学生らによる発表会「葵サミット」が行われた。主催は「葵プロジェクト」。


 フタバアオイは、毎年5月15日に行われる京都三大祭の一つ「葵祭」で関係者が胸や冠に挿し、祭で重要な役割を持つ。かつて上賀茂神社周辺にはフタバアオイが多く自生していたが、環境の変化により自生地が激減。同プロジェクトは境内のフタバアオイを株分けし、企業や学校で育て、再び上賀茂神社に戻す活動を展開。この活動から上賀茂神社から駿府城に葵を献上する「葵使」が着目され、大政奉還以来途絶えていた儀式が復活した実績も持つ。

 上賀茂神社をはじめとした各会場にはフタバアオイの「里親」となっている小学生や中学生らが参加。紫竹小学校(北区)をはじめ、北星中学校(浜松市)、葵小学校(静岡市)、立待小学校(鯖江市)に、東京からの参加者がNTT西日本のテレビ会議システムで各会場をつなぎ、それぞれ発表を行った。

 紫竹小学校の児童らが一画ごとに揮毫(きごう)した「桂」と「葵」の文字を大きな書を会場に掲げたほか、地域でアオイを育てる人にもインタビューを実施。「自分が育てたフタバアオイが葵祭で使われ、世界の人に感動を与えられるのはうれしい」などの声を紹介した。徳川家とフタバアオイの関係、フタバアオイのしおりやクッキーを作り販売することで地域の人にアオイについて知ってもらう取り組みを発表した。

 京都市都市緑化協会の森本幸裕理事長は「地域によって育ち方も異なるため、次回はいつ花が咲き、葉が落ちたかということも発表してほしい」と児童らに呼び掛けたほか、「葵のネットワークがこうして広がり、続いていくことはとても素晴らしいこと。フタバアオイを育てるだけでなく、環境を知り文化を知るという本当の勉強になっている。継続してほしい」と会を締めくくった。

/////
参考
/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード