FC2ブログ

京都 上賀茂神社 藤原紀香が片岡愛之助と相合い傘挙式 白無垢は友禅

京都 上賀茂神社 藤原紀香が片岡愛之助と相合い傘挙式 白無垢は友禅


今年3月に結婚した歌舞伎俳優、片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(45)が23日、京都市北区の賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ=通称・上賀茂神社)で挙式した。愛之助は式を終え「感謝しています」と礼をし、紀香は「ありがとうございます」と頭を下げた。
 約1時間、本殿で挙式をし、境内へ現れると、800人近い一般客、80人の報道陣が待ち構えていた。
 「おめでとうございます」と各所から2人に声がかかり、満面笑み。紀香の白無垢(むく)姿の感想を聞かれた愛之助は、照れたように笑い、口を「あ、はい…」と動かした。雨も心配されたが晴れ間ものぞき、報道陣からは「晴れてよかったですね」の声も。紀香は両手を天に向け「ほんとに!」と、天候にも感謝した。
 式には愛之助の義父の片岡秀太郎、実妹や、紀香の両親ら親族のみ約20人が出席。午前11時すぎ、世界遺産にも認定された神社に愛之助がさした朱色の傘に白無垢姿の紀香が入り、相合い傘でゆっくりと歩を進めて境内へ向かった。鳥居前では足を止め、数秒の間、礼。集まっていた園児らからも「おめでとう」と声が飛ぶと、紀香は足を子どもたちに近づけて、ほほ笑みながら手を振った。
 紀香が身を包んだ白無垢は、長年、無垢を手がけてきた友禅作家の作で、愛之助と紀香の名前から「愛と香」をイメージして作られた。うちかけは、愛之助の「追い掛け五枚銀杏」紋から、銀杏の葉を添え、金を添えて制作された。
 松竹関係者によると、挙式した上賀茂神社は「きっちりとした式をあげたいと言って、2人が相談して決めた」という。
 愛之助は今年7月に大阪市内で取材に対し、挙式を「披露宴とは別の日に神式で行います」と話していた。8月下旬には同市内での座頭公演の会見で「挙式の日取り、場所はもう決まりました」。また紀香も、同月に行われた都内で主演ミュージカルの公開稽古に出席した際「粛々と」準備を進めていると話していた。
 今月28日には、2人が結婚会見をした東京・帝国ホテルで披露宴を予定。松竹幹部、多くの歌舞伎俳優や芸能人が招待されている。愛之助はこれまでの取材に、披露宴は「豪華でも長時間でもなく、コンパクトでシンプルなものにします。妻とはけんかすることなく、楽しみながら進めています」と語っている。
 2人は、愛之助が昨年8月ごろに交際を申し込み、今年3月にゴールインした。

//////
日本の成長戦略になるか? IoT と 6-Tech と その周辺 メモ
//////
京都 紫式部もお参りした京都最古の神社!5分で知る上賀茂神社

神代の昔、本殿の北北西にそびえる神山に賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)が降臨し、天武天皇の時代に現在の地に社殿を造営したとされる京都最古の神社。賀茂別雷神社とも呼ばれ、厄よけ、必勝の神として古くから信仰を集める。国宝の本殿・権殿をはじめ、境内には40棟以上の重要文化財があり、また百人一首にも詠まれた“ならの小川”など見どころも多い。紫式部がお参りしたことにあやかって縁結び、恋愛成就を求めて参拝者が訪れる。


文化財
<本殿(国宝)>三間社の流造に屋根は檜皮葺で流造の代表建造物

<権殿(国宝)>本殿と同じ三間社の流造。本殿が非常の場合に神儀を遷す御殿として建てられた。

<細殿(重要文化財)>1628(寛永5)年造替。細殿前には神山をかたどった円錐形の立砂がある。

<舞殿(重要文化財)>境内を流れる御手洗川をまたぐように立つ。


ご利益▼厄よけ、縁結びなど
<立砂>細殿前に造られた円錐形に整えられた砂。賀茂別雷大神が最初に降臨した神山を模して造られたと言われ、災いよけの効果があるとされる。

<片岡社>賀茂別雷大神の母君の玉依比売命(たまよりひめのみこと)を祀った社。縁結びの神様として知られ、紫式部もお参りした。

<神山湧水>手水舎の水は神山をくぐってきた伏流水。


ライトアップ
夏に上賀茂神社アートプロジェクトを実施。地元の小学生が描いた行灯(あんどん)が境内や周辺を照らす。


混雑状況
<昼>桜や紅葉、各種神事の時は混雑。朝の早い時間帯がおすすめ。

<夜>参拝不可。


紅葉
カエデなど。見ごろ11月中旬~下旬。百人一首にも詠まれた「ならの小川」沿いに紅葉のトンネルができる。



ソメイヨシノなど約300本。見ごろ4月上旬~中旬。一の鳥居から二の鳥居までの参道のベニシダレなどが咲く。


年中行事
<1月>武射神事/1月16日、裏に鬼と書かれた的を射て年中の邪気をはらう。

<4月>賀茂曲水宴/1182年に神主重保が行ったことが起源の宴。

<5月>賀茂祭(葵祭)/5月15日、京都3大祭の一つ。

<6月>夏越大祓式/6月30日、人形を流し半年間の罪穢をはらい清める。

<9月>賀茂観月祭/月明かりのもと神事のあと、奉納行事を行う。

//////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード