FC2ブログ

上賀茂神社 石碑で「世界遺産」示す 除幕式 京都

上賀茂神社 石碑で「世界遺産」示す 除幕式 京都

上賀茂神社(京都市北区)が世界遺産であることを示す石碑が境内に完成し、24日に除幕式があった。揮毫(きごう)した茶道裏千家の千玄室前家元らが、いしぶみの登場を祝った。

 京都紫野ロータリークラブが結成40周年を記念して奉納した。上賀茂神社は「京都の文化財」の一つとして1994年に世界遺産登録されたが、表示するものがなかった。

 石碑は一の鳥居前に設けられた。関係者が除幕を行い、「世界文化遺産」と書かれた大きな石碑が披露された。千氏は「世界から多くの人々を迎えてほしい」と話した。
//////
0428
京都 遷座祭から1年、稚児が舞う 京都・下鴨神社

京都市左京区の下鴨神社は、21年に1度行う最重要神事の式年遷宮・遷座祭から丸1年を経た27日、「後(あと)一年大祭」を行った。約千年前に京都から伝えられ、現在も伝承されている富山県射水市の子どもによる稚児舞が神社で初めて披露され、参拝者を魅了した。

 祭神に遷座祭の無事を伝え、感謝する神事。

 午前11時に始まり、新木直人宮司ら神社の神職や、おしろいを塗って大人の男性に担がれた射水市の小学生6人らが境内に入った。本殿の扉が開けられ、祝詞が奏上された後、稚児たちが舞を奉納した。

 稚児舞は、11世紀後半に白河上皇の命で、現在の射水市内に下鴨神社の荘園が置かれたころ、京都から伝えられたという。現在は下鴨神社には伝わっていないが、射水市の加茂神社では、毎年9月に地元の下村小の児童による稚児舞が披露される。国の重要無形民俗文化財。

 稚児たちは、本殿前の舞殿に上がり、太鼓と笛に合わせて、体を前後に揺さぶりながらゆっくりと回る所作を繰り返した。稚児の下村小5年小川寛斗(ひろと)君(10)は「少し緊張しました。歴史を感じる下鴨神社で、うまく舞いたいと思っていました」と話した。

//////
0429
京都迎賓館を試験公開 豪華しつらえ、通年実施へ

京都迎賓館(京都市上京区)で28日、通年公開の実施に向けた試験公開が始まった。朝から大勢の観光客や市民らが詰め掛け、京都の伝統技術の粋を結集した内部の豪華なしつらえに見入った。

 京都迎賓館はこれまで年1回、10日間ほど一般公開している。試験公開は、無料の定員制で5月9日まで実施し、当日午前9時から先着順に入館時間帯を指定した整理券を配布している。

 この日は、京都迎賓館の西門前に早朝から整理券を求める行列ができた。午前10時前に開門されると、参観者らは和式の晩さん室「桐(きり)の間」や、ブータン国王を船遊びでもてなしたという庭園などを見学。壁面を飾るつづれ織りや金細工を施した建具など、日本の伝統美と匠(たくみ)の技が詰まった調度品に見とれた。

 熊本県玉名市の前浜健一さん(68)は「庭から建物の柱一つ一つに至るまで贅(ぜい)を尽くされ、言葉にできないほど素晴らしい」と話していた。


//////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード