FC2ブログ

京都 伏見稲荷 さい銭開き、アジア通貨

京都 伏見稲荷 さい銭開き、アジア通貨

商売繁盛の神様で知られる伏見稲荷大社(京都市伏見区)は4日、年始恒例の「さい銭開き」を始めた。正月三が日で本殿と摂(せつ)末社約50カ所のさい銭箱に入ったさい銭を、銀行員が丁寧に数えた。

 午前9時、社務所内のしめ縄が張られた部屋で始まり、紙幣と硬貨が白い布の上に広げられた。日本のお金だけではなく、米ドルのほか、人民元やベトナムのドン、タイのバーツなどアジア諸国の紙幣が多数あった。「11104(いいとし)」「29451(ふくよこい)」といった縁起をかついだ数字が刻印された小切手や、宝くじ、馬券も見られた。

 大社は「三が日が天候に恵まれ、例年より参拝者が多いように感じた。外国人の参拝者も多数見られ、初詣という日本の文化を体験していただいたと思う」と話している。

 西日本で最多の参拝者数といわれるだけあって、三が日のさい銭の集計には5日間ほどかかるという。

スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード