FC2ブログ

魯山人展始まる…京都国立近代美術館 

北大路魯山人
1883年(明治16年)、京都市上賀茂(現在の京都市北区)北大路町に、上賀茂神社の社家・北大路清操、とめ(社家・西池家の出身)の次男として生まれる。
「 京都 樫の実学園 の近くに、魯山人 は、生まれた。」
////
魯山人展始まる…京都国立近代美術館

美食家で知られた芸術家、北大路魯山人(1883-1959年)の焼き物の器などを集めた「北大路魯山人の美 和食の天才」展が京都国立近代美術館(京都市左京区)で開催されるのを前に18日、内覧会が開かれた。

 魯山人は京都市出身。若くして書や篆刻(てんこく)の才能を認められ、料理を通じて陶芸・漆器や絵画など多方面の芸術に精通し独自の世界を確立した。

 「器は料理の着物」という魯山人の桃山風の器「色絵金彩椿文鉢」や、料理を盛りつける大きなまな板皿「織部長板鉢」など陶器や漆器のほか、書や資料、料亭の映像など135点が展示されている。また、東京・銀座の「九兵衛鮨」のカウンターを展示室の一角に再現し、バーチャルで魯山人の器で食事を体験できる。

 期間は19日から8月16日まで。月曜休館(祝日は除く)。観覧料は一般1400円、大学生千円、高校生500円、中学生以下無料。

/////
「和食の天才」魯山人の美を堪能して 京都国立近代美術館


美食家で知られた芸術家、北大路魯山人(1883-1959年)の焼き物の器などを集めた「北大路魯山人の美 和食の天才」展が京都国立近代美術館(京都市左京区)で開催されるのを前に18日、内覧会が開かれた。

 魯山人は京都市出身。若くして書や篆刻(てんこく)の才能を認められ、料理を通じて陶芸・漆器や絵画など多方面の芸術に精通し独自の世界を確立した。

 「器は料理の着物」という魯山人の桃山風の器「色絵金彩椿文鉢」や、料理を盛りつける大きなまな板皿「織部長板鉢」など陶器や漆器のほか、書や資料、料亭の映像など135点が展示されている。また、東京・銀座の「九兵衛鮨」のカウンターを展示室の一角に再現し、バーチャルで魯山人の器で食事を体験できる。

 期間は19日から8月16日まで。月曜休館(祝日は除く)。観覧料は一般1400円、大学生千円、高校生500円、中学生以下無料。

/////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード