FC2ブログ

観光客 テロから守る 京都 /無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年

観光客 テロから守る 京都 /無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年

観光客 テロから守る 京都

情報共有 府警と業界が協定

 2020年の東京オリンピックなどを控え、国内外から多くの人が訪れる京都をテロの脅威から守ろうと、府警は19日、府警本部(上京区)で旅行会社や鉄道会社、ホテルなどで作る公益財団法人「京都文化交流コンベンションビューロー(KCB)」(中京区)とテロ情報などを共有する協定を結んだ。警察と民間がこうした協定を締結するのは全国初という。

 府によると、2013年の府内の外国人宿泊客数は過去最高の115万人を記録した。今後、東京オリンピックが近づくとさらに増加が見込まれるほか、京都市は16年に日本で開催予定の主要国首脳会議(サミット)の閣僚会合を誘致中。

 府警はこれまでホテルなどと個別に協力し合ってきたが、観光業界や鉄道事業者など335団体で組織し、幅広い連携が可能なKCBに協定締結を打診していた。

 協定によって、府警は不審者や爆発物の発見などテロ関連情報をKCBに連絡。KCBは各団体にメールなどで速やかに伝える。テロを想定した研修会や訓練も共同で実施する。

 府警の松本明弘警備部長と協定書を交わしたKCBの山内秀顕専務理事(63)は、チュニジアでの観光客襲撃事件に触れ「観光産業は平和でなければ成り立たない。観光客や府民の安全のため、しっかり連携していきたい」と話した。
////
観光客・府民を守る ヒント ・・・ 観光都市 の対策
チュニジアの情報 (世界遺産)海外旅行・留学に役立つ =渡航状況・渡航中の情報収集=
チュニジアでの観光客襲撃事件 を教訓に・・・

エジプト 海外旅行・留学に役立つ =渡航状況・渡航中の情報収集=


オーストラリア 海外旅行・留学に役立つ =渡航状況・渡航中の情報収集=
////
無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年
noru hito

当時、京都の地下鉄でも・・・ という「不安」の中で生活していた。
////
無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年

13人が死亡、6000人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件は20日で20年を迎えた。

 現場となった東京都内の地下鉄6駅には献花台が置かれ、多くの人が祈りをささげた。過去に例のない無差別テロを体験した被害者たちはどのような思いで、この日の朝を迎えたのか――。

 「地下鉄サリン事件でも、チュニジアでも、何のいわれもなく一般市民が狙われた。テロは許せない……」。千葉県松戸市の自営業の男性(51)は20日午前、霞ヶ関駅(千代田区)を訪れてそう語り、献花台に花を置いた。

 20年前の朝、通勤中の千代田線の車内で、新聞紙の包みから液体が床に広がるのを見た。霞ヶ関駅で降りて会社へ。急にサングラスをかけたように視界が暗くなった。瞳孔の収縮だった。

 ニュースで「サリン」と知り、ぞっとした。「助かったのは運が良かっただけだ」。後遺症で目が疲れやすく、今も、強いにおいをかぐと頭痛に襲われる。

 事件の4か月前に生まれた次男(20)に事件のことをはっきりと語ったのは、小学5年の時だ。健康診断を受けて帰宅すると、「どうしたの?」と尋ねられたので、長い時間をかけて説明した。

 その後も家族で、オウムに関するテレビ番組などを見ては語り合う。次男は、「父のおかげで、若者は一歩間違えばオウムのような集団に入りかねないのだと実感できた」と話す。
////
地下鉄サリン:事件から20年 教祖逮捕、緊迫の4時間

1995年3月20日の地下鉄サリン事件から約2カ月後の5月16日、オウム真理教代表だった松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(60)は山梨県上九一色村(現富士河口湖町)の教団施設「第6サティアン」で発見され、殺人容疑などで逮捕された。「教祖逮捕」までの4時間を再現した。

 「明日の午前2時に来い」

 当時、警視庁本田(ほんでん)(現葛飾)署の巡査長だった牛島寛昭警部補(57)は事件発生直後から築地署の捜査本部に投入され、2日後から始まった教団施設の捜索などを担当していた。招集命令は久しぶりの休みだった5月15日夕。家族と自宅に戻った直後だった。理由は告げられず、機動隊が置かれた場所に来るよう命じられた。

 別の事件に関与したとして逮捕され、碑文谷(ひもんや)署(目黒区)に勾留されていた教団「厚生省」大臣、遠藤誠一死刑囚(54)が「捜査指揮官に会いたい」と言い出したのは数時間後の15日深夜のことだ。

 警視庁捜査1課ナンバー2の理事官として霞が関の本部庁舎に陣取っていた山田正治さん(74)が急行すると遠藤死刑囚はこう言った。「グル(尊師)は第6サティアンの1階と2階の間の部屋にいます。末期がんで死にそうなので、大事に扱ってください」

 16日午前5時半。第6サティアンの捜索は約350人態勢で始まった。遠藤死刑囚の「告白」もあり、1階と2階の間をくまなく捜したが松本死刑囚の姿はなかった。捜査員に疲れが見え始め、約3時間後、捜索は一時中断された。



 牛島警部補は休憩中、ゴールデンウイークのころに2階と3階の間の外壁に信者がカバーのようなものをつけていたのを思い出した。「隠れるなら空気穴が必要。カバーは穴を隠すためでは」。隠し部屋がありそうな場所の天井を壊すと壁のようなものが見えた。同僚が金づちで壊すと、うつぶせの松本死刑囚の頭が見えた。

 「麻原か」

 「はい。瞑想(めいそう)していました」



逮捕直後の松本智津夫死刑囚。電極付きのヘッドギアを着けていた


 隠し部屋は2階天井部分にあり、高さ約50センチ、幅103センチ、奥行き335センチ。逃走資金か箱に1万円札が九百数十枚入っていた。担ぎ出された松本死刑囚は足が震えていた。山田さんは牛島警部補を呼んだ。「お前が見つけたんだ。手錠をかけろ」。時計の針は午前9時45分を指していた。

////
下鴨神社マンション計画、撤回申し入れ 京都の市民団体 (京都新聞)

下鴨神社(京都市左京区)の境内で進められているマンション建設計画について、景観保全に取り組む市民団体「京都・まちづくり市民会議」と「左京まちづくり連絡会」が20日、神社と京都市、文化庁に対し、計画の撤回などを求める申し入れ書を提出した。

 申し入れ書では、建設予定地は世界遺産の緩衝地帯(バッファゾーン)にあり、歴史的環境と相いれないマンション計画は世界遺産の登録基準を損なう恐れがあると指摘。「市民との共同の財産というべき歴史的環境を、市民の意向を無視して勝手に改変することは許されない」としている。

 この日は同会議のメンバーら6人が下鴨神社を訪れ、神職に文書を手渡した。続いて市役所でも風致保全課の担当者に書面を提出。市側は、昨年4月から神社側に対して世界遺産の価値を高めるような建設計画となるよう指導してきた経緯や、景観に配慮された計画内容であるとの認識を説明した。メンバーからは「京都の世界遺産は市民と行政の協働によって認められたのに、今回の計画を市民は全く知らされなかった」などの声が上がった。

 同会議代表の中島晃弁護士は「世界遺産を売り物にした第2、第3のマンション計画が他の地域でも出かねず、ここで歯止めをかけておかなければならない」と話した。
////
私たちの師 が 愛した「京都」、私たちが学んだ「京都」 ・・・・・ (京都をどう守るか?)

私たちの師 の 7回忌 (この7月で) 静に手をあわせたい。
「鳴くよ 鶯(うぐいす) 平安京」
「鳴くよ 鶯(うぐいす) 樫の実京」 
・・・・・・
////
観光都市 京都 観光客 ○○から守る
////
スポンサーサイト



         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード