FC2ブログ

樫の実『モエあがれカシノミ』

こんな日です。

『同窓会を・』の思い。

今日と昨日のホームページへのアクセスは、おかげさまで
当日は、130名。
今日は、 70名。
ホームページへのアクセスは、上記の通です。

このブログは、それぞれ半数ぐらいです。このブログまでたどりつかれるかた。すごいです。有り難いです。感謝です。

樫の実学園関係者でこのブログに目を通してくださる方は、
園長先生からバトンをうけとった『樫の実っ子』だと私は信じたい。

再三再四ブログでも述べてますが、
樫の実学園事務局の局長を中心に局長を助けてほしい。(私は京都にはいないのでごめんなさい。)しかし、インターネットの時代、何かできるのではないか?という可能性はあると思っています。京都には、優秀な若手の事務、先輩出身者もいらいゃいます。今回の偲ぶ会でも、それぞれの立場で局長を助けていただきました。本当に感謝しています。

次の同窓会開催に向けて、それぞれの皆さんでできることを考えていただければと思います。

(まだ、私はメール等は、確認していません。今回の私の挑戦が全て携帯でやる。ホームページ作成から、ブログまでです。PCで見ていただいてる方には、物足りないものだと思います。ごめんなさい。)
スポンサーサイト



樫の実『同窓会の危機?!』

こんな日だった。

『偲ぶ会』のあとテーブルを囲み話す先輩・後輩の声がする。

『こんな塾はない。こんな集まりまたやりたい。懐かしい。』との声。

『樫の実の精神のひとつだと思うのだが、人にいわれなくても、何かやることだ』とある先輩の声。
『だから、事務局長を皆で助けるってことだよ』と。

『サポートは、自ら同窓会への運営への寄附と、感謝の言葉だね。今の時代、運営にはお金もいる。』と

『具体的にいおう、参加者も『声(こえ)』をだすということ。HPの掲示板に、××(氏名)です。××卒で同窓会希望です。誰々を連れていきますって、という書き込みなんかも、事務局長も勇気づけられるはずだよ』と。

『もちろん、同窓会には奥様にも来てもらう。教職員・卒業生の人にね。学校の同窓会には、姿をあらわさなかったけど、樫の実の同窓会は、顔を出す人の話しあったよね。』と。

こんな話も聞こえてきた。

ブログ記述者より

樫の実関係者の皆様、敢えて、書かせていただきました。すいません。この読者の皆様なら、おわかりだと思います。中心の園長先生が、逝ってしまわれました。人で集まったわけですから、新しいシステムもいるかもしれないということですね。(釈迦に説法でしたね。)

ぜひ、樫の実学園事務局長をみんなで、助けていきましょう。皆様の活躍を奥様にも話せる場所にしましょう。なにより、樫の実学園関係者の皆様が健康で、共に語り合える場があれば、私はありがたいです。

実は、昨日、同窓会でまた『会いたい』という熱列なHPや書き込みやメールもありました。
もし、よければ、樫の実の友人の皆様、お誘いの上、HPに書き込みをお願いします。

元プロレスラー高田風にいえば、
『『樫の実っ子』HP上に、でてこいや~。』(笑)
という感じでしょうか。
勝手な私見を書き、申し訳ありません。

昨日、多くの人に勇気をもらったので、少しテンション高くなってますね。

重ねてですが、
『樫の実学園事務局長を皆で助けていきましょうね』と。
(京都に今いないので、すいません。)

(なにか、できることはじめませんか?。生活に支障のない程度にね。)
         
プロフィール

kyoto kashinomi

Author:kyoto kashinomi
樫の実学園 ブログへようこそ!


京都 樫の実学園で学んだ卒業生、教職員(先生、先輩方等)の思い出の場である。


京都 樫の実学園関係者の交流の場の一つになることを願っている。

(2011.6月頃より、twitter: @kashinomi_kyoto も存在するそうです。 また、 #kyoto_kashinomi で仲間と会える?らしいです。)

似顔絵掲載続々(現在約150人以上登場、歴代の先輩が似顔絵で集合?、先生も順次、似顔絵で集合、生徒も当時の似顔絵で集合)

樫の実学園ホームページより、似顔絵が作成できます。『無料!携帯!パーツを選ぶだけ。当時の先生、仲間、先輩、後輩、自分(今昔)』を作成して、樫の実学園メールにて投稿してください。


京都 樫の実学園ホームページへアクセスして、出席簿に『大道印』をもらってくださいね。

継続的な同窓会をするために樫の実学園事務局長をいろんな面で助けてください。(同窓会に向けて、似顔絵作成!しておこう!伝説の先生、伝説の友達、伝説の先輩!樫の実の伝説は、終わらない!)

(もし、カテゴリーから画像、写真が見えない場合は、画面直ぐ下の三つあるボタンを押してみてください。よくわからない人は、PCのリンクより、携帯用ブログで確認してください。)

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード